女性の中年太りの原因と効果的な3つの解消方法


 

中年太りに悩む女性は数多くいますが、女性の中年太りの原因は一体何だと思いますか?
今まで肥満とは無縁だった人でも40の声を聞くと何故だかお腹周りに脂肪がついてきてしまう中年太りの原因と解消法を探っていきたいと思います。

 

1.女性の中年太りの原因

女性が中年太りになる原因、それは加齢です。加齢によって筋肉量が低下したり、ホルモンの変化が現れ、それが中年太りへと繋がっていきます。

 

1-1.加齢による筋肉量の低下

40代にもなると老眼、白髪、薄毛など色んなところに老化現象が現れてきますが、中年太りの要因である「筋肉量の低下」もその老化現象の一つです。

筋肉量が低下すると基礎代謝が下がるので、若い頃と同じように食べたり飲んだりの生活習慣を続けていると、脂肪がどんどん蓄積されていくので、中年太りになってしまうのです。

 

1-2.更年期は太りやすい

女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量は加齢とともに減少していきます。大体30歳辺りから徐々に減り始め、40歳を過ぎるとガクンと減り出します。

エストロゲンの分泌量が減少すると、ホルモンの働きが弱まり脂肪が分解されにくくなるので、太りやすくなります。

 

2.中年太りの弊害

女性は幾つになっても若く見られたいと思うものです。しかし中年太りになってしまうと実年齢よりも老けて見られがちです。

そして何より中年太りは健康を害してしまう恐れがあります。糖尿病や動脈硬化など生活習慣病を起こしやすくなるので、中年太りは仕方がないと諦めてはいけません。

 

3.40代・50代女性の中年太りの特徴

女性の40代から50代は更年期を迎える時期。体重も増加しやすくなります。その原因は加齢(老化)による筋肉量の低下と女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が減少するからです。

筋肉量が低下すると基礎代謝が悪くなり、女性ホルモンの分泌量が減少すると脂肪が分解されるので太りやすくなるのです。

中年太りの特徴は、お腹周りに脂肪がついてしまうこと。所謂ポッコリお腹というやつです。更に内臓にも脂肪がつきやすくなるのでメタボの原因になってしまうこともあります。

また、筋肉量が低下すると基礎代謝が低下するだけでなく、皮膚のハリも失われてしまいます。だからこの年代は脂肪の固まりであるセルライトも定着しやすい年代とも言えます。

 

初回980円!話題のお腹の脂肪を減らすサプリ。>>詳しくはこちら
 

4.女性の中年太りを解消する方法

 

4-1.有酸素運動

女性の中年太りを解消するのに有効な手段と言えばやはり運動です。しかし、今まで何も運動をしてこなかった人が急に激しい運動をするのは好ましくありません。

まずは、ウォーキング水泳など、関節などに負担がかからない運動がおススメです。水泳は水着になるのに抵抗がある人もいるかと思うので、まずはウォーキングから始めてみてはいかがでしょうか。

1日8000歩、その中で中強度の運動を20分入れると良いのですが、最初のうちは膝が痛まない程度、翌日に疲れが残らない程度から始めるのが良いでしょう。

 

4-2.インナーマッスルを鍛える

インナーマッスルを鍛えると基礎代謝や脂肪燃焼効果を高めることができるので、お腹周りの脂肪を落とすのにも向いています。

筋力がない人でも簡単に出来るのがドローイン。息を吐ききって出来る限りお腹をへこませた状態をキープすることで、お腹周りのインナーマッスルを鍛えることが出来ます。(お腹をへこませたままでも呼吸は続けてください)

 

4-3.食事を見直す

加齢による筋力の低下で基礎代謝量が下がっているので、若い時と同じように食べていると基礎代謝量が低下した分エネルギーを消費出来ないので、太ってしまいます。

少しずつでも食事量を見直すのが良いでしょう。

 

5.お腹の脂肪を取るならサプリメントや漢方!

有酸素運動を行ったり、食事を見直すことで中年太りは解消されていくでしょう。しかしもっと効果的にお腹周りに脂肪を取りたいのならば、サプリメントや漢方を併用することもありです。

 

新規原稿追加の為