男性の中年太りの原因と解消法!これでポッコリお腹を引き締める


 

30代の後半頃から気になり始めるポッコリお腹の中年太り。若い頃はスリムだった人でもスポーツマンだったと人でも、誰もがなる可能性がある中年太りですが、実際にはなる人とならない人が存在します。その分岐点はどこにあるのでしょうか。

 

中年太りは基礎代謝の低下と筋肉量の減少が原因!

中年太りになる原因は、基礎代謝量の低下と筋肉量の減少が大きく関係していますが、これらが衰える原因はすべて加齢のせいです。

基礎代謝とは、呼吸・体温の維持・内臓の活動など、生きていくために消費される必要最低限のエネルギー、つまり心身ともに安静時に消費されるエネルギーのことを言います。

この基礎代謝は、1日に消費されるエネルギーの約6割~7割を占めており、これが加齢によって低下すると太りやすくなってしまいます。

更に歳をとってくると落ちてくるのが筋肉。中年太りになる年代は仕事も忙しく、飲む機会も増える年代です。余程意識しない限り運動不足になってしまうのは仕方がありません。

しかし、運動不足になると筋力は加齢とともに低下して、さらに太りやすくなってしまいます。

若い頃と食べる量は変わってないのに体重が増えてきたり、お腹が出てきたりするのは、加齢によって基礎代謝量と筋肉量が低下したのが原因です。

若い頃は、「摂取カロリー = 消費カロリー」だったものが、歳をとるとともに「摂取カロリー > 消費エネルギー」という図式に変わってしまい、中年太りになってしまったのです。

 

中年太りになりやすい食習慣と生活習慣

・食べ過ぎ
・カロリーの摂り過ぎ
・アルコールの飲み過ぎ
・夜遅くの食事
・運動不足
・筋肉量の減少

このような食習慣や生活習慣をおくっていると、中年太りになりやすいのでご注意を!

 

男性の中年太りは危険がいっぱい

中年太りでお腹がポッコリしてきた男性は注意しなければなりません。中年男性に多く見られるポッコリお腹は、内臓脂肪型肥満と呼ばれ、生活習慣病を引き起こす恐れがある肥満です。

内臓脂肪は皮下脂肪に比べて落とすのは簡単ですが、放っておくと高血圧や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病を引き起こし、それによって動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞を招く恐れもあります。

 

中年太りを解消するには食生活の見直しと運動!

中年太りは、今までの食生活を見直したり、日々の生活の中に運動を取り入れることで解消することができます。

食生活の見直し
・1日3食ちゃんと食べるが、夕食は控えめに!
・腹八分目を心掛ける
・よく噛んで食べる
・寝る3時間前には夕食を終える
・栄養バランスを考える(極端な食生活では脂肪は減りにくい)
・揚げ物や油っこい料理はほどほどに
・なるべく野菜など食物繊維の多い物を食べる
・毎日のお酒の量を減らし、休肝日を設ける

運動
・ウォーキングなどの有酸素運動
・適度の筋トレ
・腹筋を鍛える

 

楽して中年太りを解消する方法

ダイエットなどせずに楽に痩せたいという方も中にはいるでしょう。そんな方にはサプリを試してみるのも良いかもしれません。

ただサプリを摂取するにしても、暴飲暴食を続けていては効果は出ません。食事のバランスを考えながら腹八分目にすることは最低限必要です。

↓ 本気で脂肪を落としたいあなたにおススメの漢方 ↓


↓ 話題の葛の花由来イソフラボン配合のサプリ ↓
新規原稿追加の為