皮下脂肪を減らすには夏は不向き!その理由と対策はコレ!


 

脂肪の中でも最も減らすのが大変と言われる皮下脂肪。夏までには何とかしたいと思われる方も多いと思いますが、これから気温が30℃を超える日が多くなってくると、皮下脂肪を減らすのは段々と難しくなってきます。

中には、夏に皮下脂肪を減らすのは無理だと思って諦める人もいるかもしれません。だって、夏はダイエットには不向きな季節なのですから。

 

皮下脂肪と内臓脂肪

脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪の2種類ありますが、それぞれ性質も違えば付き方も違います。

内臓脂肪は、内臓につく脂肪で、簡単につきやすく落としやすいの特徴です。

これに対し皮下脂肪は、皮膚の下につく脂肪で、徐々に蓄積されていく性質がある分、落とすのにも相応な時間と根気が必要になる、ダイエットする人には厄介な脂肪です。

 

皮下脂肪は食事制限だけでは減らない

内臓脂肪は燃焼しやすい性質なので、食生活や生活習慣を見直すだけでも簡単に落ちてくれますが、皮下脂肪は脂肪の中でも「非常食」的な存在。だからダイエットを頑張っても短期間ではなかなか減ってはくれません。

皮下脂肪を減らすには、食事制限ももちろん大事なのですが、食事制限だけでは減らすことは出来ないのも事実です。

その理由は、食事制限だけでは脂肪を燃焼してくれるわけではないからので、殆ど脂肪は減ってくれません。運動を取り入れてエネルギーを消費しないと皮下脂肪は燃焼してくれないのです。

 

皮下脂肪を減らすには有酸素運動が必要

皮下脂肪は、食事を見直すことによって摂取カロリーを抑えるとともに、皮下脂肪を燃やさないと減らすことはできません。

それには、やはりウォーキングなどの有酸素運動が効果的です。

ウォーキングについては、20分以上継続して歩かないと脂肪は燃焼されないと言われてきましたが、これは誤りで20分以上の継続ではなくトータルで20分以上でも良いと言われています。

 

皮下脂肪を減らすには夏は不向きだという理由

皮下脂肪を減らすには有酸素運動が効果的なのですが、気温が30℃を超える真夏のウォーキングは、紫外線や熱中症が気になってしまい、外に出る勇気さえなくなってしまいます。

また暑い日が続くと、それだけで体力が奪われてしまい、動くのさえ億劫になってしまう方もいるでしょう。

このように、うだるような暑さが原因で運動不足になってしまい、皮下脂肪を減らすためには欠かせないウォーキングも出来なくなってしまいます。だから夏は皮下脂肪を減らすには不向きな季節なのです。

 

夏でも皮下脂肪を減らしたい方の最適な方法は!?

そうは言っても皮下脂肪はスタイルに大きな影響を与えるので、どうにかして夏でも皮下脂肪を減らしたいという方も多いことでしょう。

そんな方におススメなのがシボヘールというサプリメント。
皮下脂肪や内臓脂肪などお腹の脂肪が気になる方にはおススメです。

↓ 機能性表示食品「シボヘール」の詳細はこちら ↓

新規原稿追加の為