内臓脂肪を落とす方法は食生活と生活習慣の改善!


 

内臓脂肪が高いと初めて気付かされるのは、健康診断の結果を見た時ではないでしょうか。

今までずっと健康だと思ってた人は、多少ショックを受けるかもしれませんが、内臓脂肪を落とすことはそれほど難しいことではありません。

危険なのは内臓脂肪を放置することです。これを良い機会だと捉えて内臓脂肪を減らすよう努力してしてみてはいかがでしょうか。

 

1.内臓脂肪はなぜ増える?

内臓脂肪は、読んで字のごとく内臓につく脂肪です。指で掴むことができる皮下脂肪に対し、内臓脂肪は見た目ではわかりにくい場合が多く、健康診断で初めて内臓脂肪が高めだと気付かされる人が多いのです。

内臓に脂肪が増える原因の最たるものは食べ過ぎ。つまりカロリーの摂り過ぎが原因です。

若い頃と食べる量は変わらないという人でも、代謝量は加齢とともに年々低下していってます。だから、若い時と同じように食べていたら、代謝が低下した分消費できなくなり、脂肪として蓄積されていくのです。

食べ過ぎのほかにも、運動不足による筋力の衰え、お酒の飲み過ぎ、ストレス、不規則な生活などが内臓脂肪が増える原因として挙げられます。

これらのことで分かるように内臓脂肪は生活習慣の影響を受けやすいのです。

 

2.内臓脂肪を放置すると大変なことに・・・

健康診断で内臓脂肪が高めと指摘されたら、健康的な生活を送るためにも、すぐさま内臓脂肪を減らす努力をする必要があります。

中には、内臓脂肪の高さなど気にとめない人や、つい忙しさにかまけて放置する人もいますが、そのまま放置すると、糖尿病や高血圧、脂質異常症(高脂血症)といった生活習慣病のリスクを高めてしまいます。

その結果、動脈硬化を引き起こし、最終的には心筋梗塞や脳梗塞といった命に関わる病気を発症させてしまいます。

 

3.内臓脂肪の落とし方

内臓脂肪を落とすことは、そんなに難しいことではありません。簡単につきやすい反面、落とすのも比較的簡単なのです。

内臓脂肪は燃焼しやすい性質なので、食生活を見直したりウォーキングなどの有酸素運動を継続するだけでも落とすことができます。

また、お酒好きな方だと、毎日のお酒の量を減らすとか、休肝日を設けるだけでも効果があるそうです。

予防策と改善策
・食事は抜かない
・1日3食ちゃんと食べるが、夕食は控えめに!
・腹八分目を心掛ける
・早食いは肥満のもとなので、よく噛んで食べる
・寝る3時間前には夕食を終える
・栄養バランスを考える(極端な食生活では脂肪は減りにくい)
・揚げ物や油っこい料理はほどほどに
・なるべく野菜など食物繊維の多い物を食べる
・毎日のお酒の量を減らし、休肝日を設ける
・ウォーキングなどの有酸素運動をする
・寝不足は厳禁!睡眠はしっかりとる
・禁煙!

 

4.サプリメントを併用する

食生活や生活習慣を改善するだけでも内臓脂肪は減っていきますが、さらに効率よく減らしたいのなら、サプリメントを併用することも一つの手段です。

お腹の脂肪を減らすのを助けると今話題になっている、葛の花由来イソフラボンを配合したサプリメント「シボヘール」もそのひとつ。

1日わずか約93円で内臓脂肪を減らすのを手助けしてくれる、懐にも優しいサプリメントです。

初回980円!話題のお腹の脂肪を減らすサプリ。>>詳しくはこちら
 

5.漢方薬を併用する

生漢煎 防風通聖散は、海外セレブも注目する満量処方の漢方薬。18種類もの生薬が、代謝・利尿・便通などの作用を促進し、余分なお腹の脂肪を減らしてくれます。