生漢煎「防風通聖散」の飲み方と効果が出始めるまでの期間


 

18種類の生薬を配合し、効能効果が認められた満量処方の漢方薬、生漢煎「防風通聖散」(しょうかんせん ぼうふうつうしょうさん)の摂取方法は、1回1包を1日3回、朝昼夕の食前にそのまま水かお湯で服用するのが良いようです。

生漢煎「防風通聖散」の公式サイトには、食前または食間にという表記がありますが、食間とは”食事と食事の間で前の食事から2~3時間後”という事らしいので、飲み忘れてしまうことが多々あると思います。

飲み忘れをしない為には、毎食前に飲むことをおススメします。

 

生漢煎「防風通聖散」を飲み始めてからいつ頃効果が出始めるのか、というのが、一番気になるのではないでしょうか。

公式サイトによれば、これにはやはり個人差があるようです。便秘には1週間程、肥満・浮腫み・その他の症状には1ヶ月程度様子を見ながら服用してくださいと記載されています。

また、この生漢煎「防風通聖散」はサプリメントではなく漢方薬なので、用法・用量はきちんと守って頂く必要があります。ご購入前には、必ず“してはいけないこと”“相談すること”をよく確認して購入してください。

⇒ 生漢煎「防風通聖散」の使用上の注意