歩いても痩せない | その理由はたった一つの勘違い!


ダイエットに良かれと思って始めたウォーキング。毎日1時間以上も歩いているのに“全然痩せない!”という方、多いのではないでしょうか。

でもウォーキングすれば痩せる、運動すれば痩せるというのは幻想でしかありません。

歩いても痩せないのにはちゃんとした理由があるのです。

 

1.太った原因を運動不足と勘違い

あなたは、何故太ったと思いますか?
そう問われると「運動不足」と答える方がとても多いのだそうです。

しかし、太った原因の理由は確かに運動不足も関係しているかもしれませんが、それは今まで定期的に運動してた人、それもごく一部の人に限られます。

10年以上も運動とは縁がなかった人が、ここ1~2年で太り始めた場合、それは運動不足が原因で太ったわけではありません。

多くの人は、太った原因イコール運動不足と思い込んでいます。だから手軽に始められるウォーキングで運動不足を解消することでダイエットできると思っているのです。

太った原因を運動不足と勘違いしていることが、歩いても痩せない理由です。

 

2.ウォーキングの消費カロリー

ただ、歩いても痩せないからと言って、何もウォーキングが悪いわけではありません。歩くことは運動不足やストレスの解消になりますし、健康増進にもつながります。

ただし1時間歩いても消費されるカロリーはせいぜい200kcalぐらい。お茶碗一杯分にもならないのです。

 

3.太った理由を知る

では、太った理由が運動不足でないとすれば何が原因なのでしょうか?

それは、単純に「食べ過ぎ」です。食べることが大好きな人にとっては認めたくはないでしょうが、これは本当のことなのです。

ダイエットのためにどんなにウォーキングや運動を頑張っても、食べ過ぎてしまうと元も子もありません。

食べることが大好きな人は、当然のことながら食べ過ぎの傾向にあります。どうしても自分が消費できるカロリー以上のものを食べてしまっているのです。

 

4.代謝量が減少している

歳をとってくると食べ過ぎている自覚がなくても、太ってしまうことがあります。いわゆる中年太りというものですが、それは加齢に伴う代謝量の減少が原因です。

若い頃と食事量が変わらなくても、40代50代と歳を重ねるごとに太ってくるのは、まさしく代謝量が減少しているから。消費出来なかったものが、脂肪となってお腹周りについてしまうのです。、

 

5.食生活を見直すことが最優先

ウォーキングなどの運動をしても痩せないということは、「消費カロリー < 摂取カロリー」という状態になっていること。

だから、歩いても痩せないことで悩んでいる方がまず最初にやるべきことは、食生活を見直すことです。

しかし、ご飯を全く食べない、油物は一切摂らないといった極端な食生活をしてはいけません。全く食べないのではなく、控えめにすればいいのです。食生活で気をつけることは、栄養バランスを考えて食べ過ぎないという事です。

・腹七分目から八分目に
・よく噛んで食べる
・食事は抜かない
・栄養バランスを考える(極端な食生活では脂肪は減りにくい)
・揚げ物や油っこい料理はほどほどに
・なるべく野菜など食物繊維の多い物を食べる
・夕食は特に意識して控えめに
・寝る3時間前には夕食を終える

食生活を見直した上で、脂肪を燃焼させるウォーキングなどの有酸素運動を取り入れると良いのです。

 

6.サプリや漢方を併用する

食事の見直しや有酸素運動などと一緒に、サプリや漢方を上手に活用するのも一つの手段です。

初回980円!話題のお腹の脂肪を減らすサプリ。>>詳しくはこちら