睡眠不足は太る?ダイエットしたいなら夜更かしは厳禁です!


寝苦しかった熱帯夜もようやく終わり、朝晩に秋の気配を感じ始めたと同時に、陽が短くなったと思いませんか?

「秋の夜長」という言葉があるように、秋は夜が一番長い季節。それでいながら暑くもなく寒くもない丁度良い気候のせいか、ついつい夜更かしをしてしまい、睡眠不足になることもしばしば…。

でも、ダイエットしたい方には、この寝不足、睡眠不足が悪影響を及ぼすことがあるのをご存知ですか?

そう、寝不足、睡眠不足はダイエットの敵。痩せるどころか太ってしまうこともあるのです。

 

何故、睡眠不足や睡眠時間が短いと太ってしまうのか?

睡眠不足や睡眠時間が短いという事は、夜更かしして寝る時間が遅くなっているということです。

寝る時間が遅くなると、どうしても小腹がすいたりして、ついついスナック菓子などに手が伸びてしまうことないですか?

これは、食欲を抑制する「レプチン」と食欲を増進させる働きがある「グレリン」という二つのホルモンバランスが、睡眠不足により崩れてしまうことが原因なのです。

睡眠時間が短いと、食欲を抑制する「レプチン」が減少し、食欲を増進させる「グレリン」が増加してしまう、つまり、睡眠時間が短い人ほど食欲が増すということです。

 

睡眠の質、悪くなってないですか?

しかし、ただ単に睡眠時間をしっかり取れば良いのかと言うとそうではありません。「睡眠の質」というものも大事になってきます。

食べ過ぎ、飲み過ぎ、夜遅い食事、寝酒、ストレス、これらは全て睡眠の質を悪くしてしまっているのです。

晩ご飯を食べ過ぎてお腹いっぱいだったり、夜遅くに帰ってきて、ご飯を食べてすぐ寝ることもあると思いますが、これだと食べ物を消化している最中に寝ることになってしまいます。

しかし、食べ物を消化している最中は、体の深部体温が下がりきらないため、眠りは浅くなります。

また、眠れない時にお酒の力を借りる人もいますが、確かにお酒は入眠を助けてくれる効果がありますが、アルコールが分解されると睡眠を妨げる物質に変わってしまうので、全体的に睡眠も浅くなってしまいます。

 

睡眠の質を上げる方法

睡眠不足を解消するには、睡眠の質も改善しなければなりません。

そのためには、
・寝る3時間前には夕食を終える
・晩ご飯は食べ過ぎない
・寝酒はやめる
・寝る1~2時間前に入浴する
・カフェインやタバコも控える
・寝る前にストレッチをして血行を良くする

これら生活習慣を見直すだけで睡眠の質を改善することができます。