睡眠不足だと何故太る?ダイエットと寝不足の関係は?


睡眠時間はダイエットの大敵と言うように、睡眠不足が太る原因、痩せない原因になってしまっているのをご存知でしょうか。

理想の睡眠時間は7~8時間と言われていますが、ダイエットを頑張っているのに全然痩せないという方は、ひょっとして睡眠時間が5~6時間くらいなんではないのでしょうか。

もしそうだとしたら、それは完全な睡眠不足、睡眠負債という状態に陥っているのです。ダイエットを成功させるには、まずこの睡眠不足を解消することが第一歩なのかもしれません。

 

睡眠時間が短いと肥満になりやすい!?

ここに一つのデータがあります。

これはアメリカのコロンビア大学が行った、睡眠時間と肥満の関係を調べた研究結果なのですが、それによると、睡眠時間が7~8時間の人に比べて、6時間睡眠の人で23%、5時間睡眠で50%、4時間睡眠だと何と73%も肥満になりやすいというもの。

いかに睡眠不足が肥満に影響を与えているかがお分かり頂けるかと思います。

 

睡眠不足だと何故太る?

睡眠不足だと何故太るのでしょうか?

その理由は、食欲を抑制する「レプチン」と食欲を増進させる働きがある「グレリン」という二つのホルモンバランスが崩れてしまうことが原因です。

睡眠時間が短くなると、食欲を抑制する「レプチン」が減少し、食欲を増進させる「グレリン」が増加してしまうのです。簡単に言えば、睡眠時間が短い人ほど食欲が増すということです。

ここで更に問題なのが、ただ単純に食欲が増すだけではないと言うこと。お菓子やラーメン、ジャンクフードなど、太りやすい糖質や脂質に対する欲求が強くなってしまうので、余計に太ってしまうのです。

 

寝溜めの良い方法は、寝る時間を早くすること!

日頃の睡眠不足分は休日に取り返すと言って、休みになると寝だめする方もいるでしょう。しかし、ほとんどの方がする寝溜めは、昼ぐらいまで寝ることではないでしょうか。

しかし、そんな寝溜めはまったく意味がありません。それは、体内時計を狂わせて、健康リスクを高めてしまう恐れがあるからです。

起きる時間は、休みの日でも平日の起床時間の最大2時間以内にとどめ、就寝時間を早くして睡眠時間を確保する、これが良い寝溜めの方法です。

 

より良い睡眠を得るためには

睡眠不足を解消するには、睡眠の質も上げてあげなければなりません。
そのためには、

・寝る1~2時間前に入浴する
・寝酒はやめる
・カフェインやタバコも控える
・寝る前にストレッチをして血行を良くする
・布団に入ってからはスマホを見ないようにする
・体圧を分散してくれる寝具に変える
・サプリを飲んでみる

と言った方法があります。



グッドナイト27000(機能性表示食品)
 

目覚めに一番良いのは太陽の光を浴びること!

睡眠の良し悪しは、朝の目覚め方で大きく変わってきます。

朝起きる時、大概の方は目覚まし時計やスマホのアラームで起きると思いますが、目覚めに一番良いのは太陽の光を浴びることだそうです。

・セロトニンが分泌されて目覚めスッキリ
・メラトニンが分泌されて寝付きや睡眠の質が良くなる
・体内時計がリセットされる

朝起きる時に太陽の光を浴びると、これだけの良い影響が出てきます。

81%の人が朝起きるのが楽になった光目覚まし時計inti(インティ)