ダイエットに失敗する人はこんな人|これを改善すればあなたも成功者!

9cc0545bd4fa5a5ce64c7b9397b7a122_s
ダイエット経験者の人の多くは、1度や2度、或いはそれ以上の失敗を経験しているといいます。

新しいダイエット方法を見つけては、「チャレンジ→失敗→チャレンジ→失敗・・・」の繰り返し。いつの間にか“ダイエットが趣味”になってしまっている人も・・・。

そこで、ダイエット経験者にありがちな失敗理由「ダイエットに失敗する人はこんな人」を紹介します。

何度もダイエットに失敗したけれど、「今回は本気でダイエットするぞ!」という人、必見です!

 

1.意志が弱い人

何かにつけて意志が弱い人は、ダイエット中でもすぐ誘惑に負けてしまうので長続きしません。

今日からダイエットをしようと決めたにもかかわらず、小腹がすいたり、誰かが美味しいものを食べてたり、飲み会に誘われたりすると、すぐ自分にこう言い聞かせてダイエットをやめてしまいます。

「よし、明日から頑張ろう!」。

 

2.ストレスを溜め込む人

ツライ食事制限や思うように体重が減らなかったりで、ダイエット中は何かとストレスが溜まりがち。このストレスからくるイライラを発散するために、ついついやってしまうのが「やけ食い」。今までストレス解消は「食べること」だった人は特に要注意です。

極限までストレスを溜め込んでしまうので、一度火が点いてしまうと、もう止められません。その後に待っているのは「リバウンド」のみ。

ダイエットによるストレスを感じたら、甘いものを少し食べるか、週に一度はダイエットから少しだけ解放してあげることで、上手にストレスを発散することがダイエット継続のポイントです。

 

3.ダイエット情報は勘違いしている人

3-1摂取カロリーだけを抑えようとする人

「ダイエットは摂取カロリーを減らせばいいんじゃない?」と、カロリーばかりに目がいっている人は、とんだ落とし穴にはまっています。摂取カロリーを減らすのはもちろん大事ですが、バランスよく栄養素を摂ることがそれ以上に大切なのです。

「あんまり食べてないのに太っちゃう」、こんな経験ありませんか?
そういう人は栄養が偏っているのです。摂取カロリーを減らしてダイエットをしているつもりでも、知らないうちに太りやすい食生活を送っているのです。

 

3-2.極端な食事制限をする人

野菜しか食べない、キャベツしか食べないなど、同じものだけしか食べないような極端な食事制限をすると、栄養が偏ってしまいますしストレスも相当かかるので、ダイエット失敗の原因になります。

例えば「キャベツダイエット」。そもそもキャベツ自体に痩せる効果はありません。歯ごたえがあるキャベツは満腹感を得やすいので、「食前に食べれば食事量を抑える事が出来ますよ」と言うのが「キャベツダイエット」。何故かそこから飛躍してしまい、「じゃあ、キャベツだけしか食べなかったらもっと痩せるかも!!!」と勘違いしてしまっているのです。

 

4.ダイエット理由が明確でない人

ただ単に「痩せてキレイいなりたい・見られたい」」「格好よくなりたい・見られたい」という軽い理由で始める人は、長続きしません。

⇒ ダイエットは理由が明確な人ほど成功する!

 

5.短期間で急激に痩せようとする人

健康的なダイエットというのは、時間をかけてやるもの。それを一ヶ月、10日、一週間、3日などの短期間で、それも-3kg、-5kg、-10kgを目標に痩せようとするのには無理があり、健康的にも精神的にも宜しくありません。

短期間で急激に痩せようとするとストレスも相当にかかります。仮に成功したとしても、その後に待っているのは「リバウンド」だけしかありません。

一ヶ月に1~2kgの減量を目標にダイエットをするのがストレスも溜まりにくく良いのでは…。それでも半年後には10kg位の減量ができるのですから。

 

6.停滞期に諦める人

ダイエットをしていれば「停滞期」というものがやってきます。今まで順調に減ってた体重が、一向に減らないことがストレスになってしまい、そこで諦めてしまうのです。

停滞期は今までのダイエットが順調に来ている証拠。次のステップに行く準備期間だと思うことが大切です。

 

7.まとめ

今までの失敗経験を思い出してみて、当てはまるものはありましたか?
これから本気にダイエットに取り組む時に、二度と同じ轍を踏まないよう参考にしてみてください。