オフィスの冷房対策 | ヒートスリムはカイロよりも効果的!


 

ダイエットの大敵と言えば冷えです。夏だからと言って油断してませんか?

暑い夏は、冷たい飲み物を飲んだり、のど越しの良い物を食べる機会がどうしても増えてしまいますし、一日中クーラーに当たることだって珍しくありません。

そんな夏特有の行動が、外が暑いにも関わらず内臓を冷やしてしまい、痩せにくくしているのです。

 

身体が冷えると痩せにくい

身体が冷えると内臓も冷えてしまい、内臓が冷えると内臓脂肪は増えてしまいます。これは、冷えによって体温が下がったことに脳が危険信号を出し、内臓を守るために更に内臓脂肪をつけようとするからです。

そして、内臓脂肪が必要以上に増えると血流も悪くなってしまい、そうなると代謝も悪くなるので痩せにくくなるのです。

 

夏に身体が冷える原因

外気温が高い夏は、冷えとは無関係だと思っている方も多いと思いますが、そんなことはありません。夏には身体が冷える要素がたくさんあるのです。

夏に身体が冷える原因
・冷たい飲み物をよく飲む
・さっぱりした冷たい食べ物をよく食べる
・冷房に当たる時間が長い
・運動不足

 

身体や内臓が冷えないようにするには?

飲み物は常温か温かい物を
暑い夏はキンキンに冷えた炭酸飲料やスポーツドリンク、アイスなど冷たい物が欲しくなるのは当たり前ですが、そういうものばかり飲んだり食べたりしていると内臓は冷えてしまうので、少しばかりの我慢も必要です。
冷たい物を飲んでいいのは、外出先から帰った時や運動後、または入浴後だけにするなどのルールを決めておくのも良いかもしれません。

湯船に浸かる
夏はシャワーで簡単に済ますことが多いですが、それでは冷えた身体を温まらないので、半身浴がおススメです。ぬるめのお湯に20分ほど使って、身体の芯から温めましょう。

 

冷房対策をしっかりと!

会社や電車、スーパーなど、自分で温度設定できないようなところでは、冷えから守るためにしっかり防備する必要があります。

特に一日中いるオフィス。暑がりな人がいたり、男性社員が多い職場はどちらかと言えば温度設定も低くなりがち。ひざ掛けや腹巻を使って冷えから守る術が必要です。

冷房対策
・ストールで首を温める
・長い靴下やレッグウォーマーで足元をガード
・腹巻でお腹を温める
・ひざ掛けで下半身の冷えを防止

 

下腹部の冷えと同時に脂肪燃焼も!

内臓を温めると基礎代謝が上がり血行もよくなるので、冷房対策にはお腹を温めるのも効果があります。小さめのカイロをお腹に貼るのももちろん効果的なのですが、それ以上の効果をもたらしてくれそうなのが「ヒートスリム42℃」です。

この「ヒートスリム42℃」は、お腹に貼るだけでじんわりぽかぽかお腹を温めてくれるだけでなく、脂肪もメラメラと燃焼してくれる温熱ダイエットパッチです。

仕事中に貼っているだけで冷房対策と同時にダイエットも体感できる一石二鳥の「ヒートスリム42℃」。

↓↓↓もっと詳しく知りたい方はこちらからどうそ↓↓↓

ヒートスリム42℃
 

【関連記事】

ヒートスリム42℃ | 韓国発の温熱パッチで脂肪燃焼ダイエット

貼るだけでたるんだお腹を引き締めるヒートスリム42℃の効果

ヒートスリム42℃ | 貼るだけでお腹のお肉を引き締める3つの秘密

ヒートスリム42℃の効果は脂肪燃焼と冷え解消で一石二鳥!