ピュアエサラ | むくみ解消に効果的なカリウムサプリ


 

ピュアエサラは、多くの女性が悩む「むくみ」を改善するためのカリウムサプリメントです。

あるアンケート調査では「日常的にむくみを感じている」と答えた女性の割合が97%という結果がある程、ほとんどの女性が自覚している“むくみ”。

そんな女性のむくみを解消サプリメント「ピュアエサラ」ですが、本当に効果があるのか調べて見ました。

 

1.むくみの原因

販売や美容師など一日中立ちっぱなしの仕事の方や、デスクワークで一日中座りっぱなしだと、夕方になって靴がきつくなるという経験をされた方は多いと思います。

むくみとは、不要な老廃物や余分な水分が溜まっている状態のことで、長時間の立ちっぱなし、運動不足による冷え性や血行不良、水分・塩分の摂り過ぎが原因だと言われています。

 

2.パンパン度チェック

それでは一度、むくみ度チェックをしてみましょう。


1つでも当てはまった方はパンパンの可能性が、3つ以上の当てはまったら、それはむくみが慢性的になっているかもしれません。

ピュアエサラ
 

3.現代人は塩分の摂り過ぎ!?

現代の食生活では、ほとんどの人が塩分(ナトリウム)を摂り過ぎています。

通常、私たちの体内ではナトリウムとカリウムの濃度は常に一定になるように保たれているのですが、現代の食生活ではどうしてもカリウムよりも塩分(ナトリウム)の方を摂取しがちになってしまいます。

そうなると、体内の濃度を同じにしようと水分をどんどん溜め込んでいき、その結果、本来必要なのない余分な水分を溜め込んでしまう為、むくみが引き起こされるのです。

 

4.むくみ対策にはカリウム

体内では常に一定の濃度に保たれているナトリウムとカリウム。しかし塩分の過剰摂取によって、体内ではカリウム不足が起こり、むくみが引き起こされます。

それを解消するのがカリウム。カリウムを摂取すると、体内のバランスが正常に戻るようになるため、体に溜まった余分な水分が排泄されます。

 

5.カリウムサプリ「ピュアエサラ」

カリウムの難点は、体内では作り出すことが出来ない事。ナッツ類や生野菜、フルーツなどにカリウムは含まれていますが、毎日摂るのはむずかしいし、塩分・糖分・脂質など、カリウム以外のものまで無駄に摂ってしまいます。

そこで、むくみ解消に必要な成分だけを摂ることができるサプリメントがおススメです。

カリウムサプリ「ピュアエサラ」は、むくみを解消するカリウムのほか、ヒアルロン酸・セラミドといった女性に嬉しい成分も入ったサプリメント。

販売開始から7年目を迎えた「ピュアエサラ」は、お客様の約9割が定期コースを選択し、満足度87%、リピート率89%という人気の商品です。

今なら、通常1ヶ月分4,800円が初回購入分に限り2週間分パック980円でお求め頂けるお得なキャンペーンを実施しています。
(尚、定期コースなので2回目までの継続が条件になります)

毎日むくみに悩まされている方、始めるなら今がチャンスです。

 

ピュアエサラ

葛の花サプリ | 飲むだけでお腹の脂肪を減らす3つの秘密


 

お腹の脂肪を減らしたい方に朗報!

最近BSテレビでよく見かけるCMですが、この言葉が耳に入ってくるたび、ついつい注目してしまいます。

お腹周りについた脂肪を何とかしたいとは思っていても、面倒くさい食事制限やキツイ運動をやり始めるほど深刻ではない私でも、飲むだけでお腹の脂肪を減らしてくれるのなら、「一度どんなものなのか試してみたい!」とつい思ってしまいます。

 

1.葛とは

秋の七草に数えられる葛。葛餅、葛きり、葛根湯など古くから和漢植物として馴染み深い葛ですが、これらは主に葛の根の部分が使われてきました。

しかし、葛の花にも凄いパワーがあることが近年の研究で明かになりました。

それが、内臓脂肪や皮下脂肪といったお腹周りの脂肪を減らすのを助ける機能があること。

 

2.葛の花由来イソフラボンの3つのパワー

葛の花由来イソフラボンには、脂肪と戦うパワーが秘められています。

その一つが、脂肪の合成を抑えること。
食べ過ぎや代謝量の減少によって消費しきれなかったエネルギーは、肝臓で中性脂肪へと合成され体脂肪としてカラダの各部に蓄積されます。しかし、「葛の花由来イソフラボン」は、新たに中性脂肪として合成されるのを抑制する働きがあります。

二つ目のパワーは脂肪の分解を促進することです。
カラダに蓄積された脂肪は、そのままではエネルギーとして燃焼させることができません。一度、脂肪酸へ分解する必要があるのですが、「葛の花由来イソフラボン」は、この分解する働きをサポートして、カラダに蓄積された脂肪を燃焼しやすくしてくれます。

三つ目のパワーは、脂肪の燃焼を促進させること。
分解されて脂肪酸となった脂肪は、褐色脂肪細胞によって燃焼されるのですが、「葛の花由来イソフラボン」は、この褐色脂肪細胞の働きをサポートし、より燃焼しやすいようにサポートします。

 

3.葛の花由来イソフラボンの実力

葛の花由来イソフラボンの実力は、臨床試験でも明かで、12週間でお腹の脂肪が平均20平方センチも減少したことが確認されています。


 

4.こんな人におススメ

葛の花由来イソフラボンを配合したサプリメントは、こんな人におススメです。

・内臓脂肪が気になる
・皮下脂肪が気になる
・ぽっこりお腹を何とかしたい
・忙しくて運動ができない
・頑張ってもなかなか体重が減らない
・くびれがほしい
・旦那のお腹を何とかしたい

などなど、お腹周りやウエスト、体重が気になる方々におススメです。

 

5.より効果を発揮するには!?

お腹の脂肪を減らしてくれるサプリメントだからと言って、暴飲暴食をしていては結果なんて出るはずがありません。一応ダイエットなのですから、腹8分目にするとか、バランスの良い食事にすることも大切です。

それと臨床データでも分かるように、1ヶ月以内の短期間でも、目を見張るような結果は出ないように思います。最低3ヶ月は続ける方が良いみたいです。

 

6.葛の花由来イソフラボン配合のサプリメント

BSテレビなどで放送している「葛の花由来イソフラボン」を配合したサプリメントのCMは、私の知る限り「葛の花減脂粒」「シボヘール」「葛の花イソフラボンスリム」の3つ。

3つとも「葛の花由来イソフラボン」を配合した機能性表示食品なので、効果効能や配合量はほぼ同じ。違いは、他の成分が配合されているかいないか、価格面だけです。

 

お腹の脂肪面積が平均20平方cmも減少!『葛の花減脂粒』
初回980円!話題のお腹の脂肪を減らすサプリ。>>詳しくはこちら
【機能性表示食品】お腹の脂肪を減らしたい方へ「葛の花イソフラボンスリム」

さかな暮らし | 魚が苦手でも大丈夫な中性脂肪を減らすサプリ


中性脂肪値は、健康診断で最も指摘されやすい項目のひとつ。だから、健康診断で中性脂肪が高いと初めて知らされたという方、多いのではないでしょうか。

そのまま放っておけば動脈硬化が心配される中性脂肪。高い中性脂肪を下げるにはどうしたら良いのでしょうか?

 

1.中性脂肪ってなに?

中性脂肪、健康診断やテレビの健康番組でもよく出てくる言葉で、その内容から中性脂肪イコール悪者とどうしても思ってしまいがちです。

しかし、中性脂肪とはそもそも私たちが生きていくためには必要な体のエネルギー源なので、なくてはならないものです。

血中の中性脂肪値が正常の範囲内だと全然問題ないのですが、その数値が高くなってしまうと「脂質異常症」(2006年以前の呼び方だと「高脂血症」)という状態になり、動脈硬化の原因になります。

 

2.中性脂肪が高くなる原因

そもそも中性脂肪値は何故高くなるのでしょうか。それは、飲み過ぎ食べ過ぎ運動不足が原因です。

脂質の多い食事の摂り過ぎやお酒の飲み過ぎが原因です。

若い頃ならまだしも、40代以降の中高年になると代謝量も減少していくので、以前と同じような食生活を続けていると、消費しきれなかった余分なエネルギーが中性脂肪として蓄積されていきます。

 

3.中性脂肪を下げる方法

中性脂肪を下げるには、食生活を見直すのが最も簡単で、かつ有効な方法だと言われています。

食べ過ぎ、飲み過ぎが中性脂肪値を高くするので、腹7分目から8分目をまずは目指しましょう。そして肉や揚げ物など脂質の多い食事を控えることも大切です。

また、お酒をよく飲まれる方は、休肝日を設けたり、酒量を減らす事も大事です。

 

4.中性脂肪を下げるDHAとEPA

青魚に含まれるDHAEPAが中性脂肪を下げる効果があるという事は、テレビや雑誌などで頻繁に取り上げられているので、ご存知の方も多いと思います。

中性脂肪を下げるには、現在の肉中心の食事から魚中心の食生活に切り替えるだけでも効果が期待できるのですが、魚嫌いの方、魚が苦手な方にとって、毎日魚を食べるなんてハードルが高すぎるし、現実的でもありません。

そんな方には、やはりDHAとEPAのサプリメントが効果的です。

 

5.DHAとEPAの機能性表示食品「さかな暮らし」

マイケアから出された「さかな暮らし」というサプリメントは、EPAとDHAが860mg(1日目安量当たり)も入った機能性表示食品です。

中性脂肪が高くて気になる方、魚が苦手でDHAとEPAをなかなか摂れない方、一度試してみてはいかがでしょうか。