ポッコリお腹の原因と誰でも簡単にできる効果的な解消法


 

女性に限らず今や男性でも気になるぽっこりお腹。何とかしたいと思ってダイエットを頑張ってみても、“ぽっこりお腹だけは簡単に改善されない”と思っている方も多いのでは・・・?

若い人ならまだしも、代謝や筋力が低下した40代50代の方なら尚更でしょう。、

そこで、ここではポッコリお腹の原因と解消法を探っていきたいと思います。

 

1.ポッコリお腹の原因

まず、ポッコリお腹の原因ですが、何も太ったことが原因でなるだけではありません。もちろん皮下脂肪がついたことも一つの要因ですが、その他にも内臓下垂や骨盤が歪んでいるためにポッコリお腹になってしまうそうです。

 

1-1.原因その一 | 筋力の低下による内臓下垂

まず第一に考えられるのがお腹周りの筋肉不足や筋力の低下です。お腹のインナーマッスルが低下すると内臓を支えられなくなってしまい、本来あるべき位置よりも内臓が下に下がってしまう「内臓下垂」の状態になるので、お腹がポッコリ出てしまうのです。

ポッコリお腹が女性に多いのは、男性に比べて筋肉量が少ないということが要因の一つと考えられます。

また、猫背の方もポッコリお腹になる要素があります。背中が丸まった猫背は肩や腰を曲げる姿勢になるので、どうしてもお腹周りの筋肉が低下しがちになるからです。

 

1-2.原因その二 | 皮下脂肪

女性に付きやすい皮下脂肪も、ポッコリお腹になる要因です。皮下脂肪は徐々に蓄積されていく性質がある分、落とすのにも相応な時間と根気が必要になります。

また、40代50代の更年期を迎えた女性は、女性ホルモンであるエストロゲンが減少してくるので、基礎代謝が低下していきます。その事を知らずに今まで同じ食生活をしていると代謝が減った分、脂肪としてお腹に蓄積されていくので、更年期になったら太ってきた、お腹がポッコリしてきたと思うのです。

 

1-3.原因その三 | 骨盤の歪み

骨盤が歪んでたり開いてたりすることで内臓が位置が下がってしまい、ポッコリお腹になってしまうこともあります。

座ると必ず足を組んだり、いつも同じ方の肩にカバンをかけたり、同じ方の手で荷物を持ったりするだけでも骨盤は歪んでしまいます。骨盤の歪みを放っておくと、便秘・肩凝り・腰痛などの症状が起こったりするので、注意しなければなりません。

 

2.ポッコリお腹を改善する方法
ポッコリお腹の原因が分かれば、次は改善です。

2-1.一般的な腹筋運動では、ポッコリお腹はへこまない?

ポッコリお腹が気になりだしたら、誰もが必ずやる腹筋運動。この一般的な腹筋運動では、ポッコリお腹は解消しません。この運動で鍛えられるのは、腹直筋という筋肉。いわゆる「シックスパック」「割れた腹筋」のことです。

 

2-2.インナーマッスルを鍛える

お腹周りの筋肉にも色々ありますが、内臓下垂が原因のポッコリお腹を解消するには、腹横筋という筋肉を鍛える必要があります。

この腹横筋、お腹周りの筋肉の中で最も内側にある筋肉で、内臓を守るインナーマッスルです。外からは見えない筋肉なので、想像以上に弱っている可能性があります。

40代50代のあまり筋力のない人には、次のトレーニングでインナーマッスルを鍛えれば良いでしょう。

 

2-2-1.ドローイン

ドローインは呼吸法のトレーニングですが、腹横筋を目一杯使うのでポッコリお腹を改善するには非常に効果があります。

ドローインの良いところは、いつでもどこでも出来る事。家の中ではもちろん、忙しくて時間がないという人でも通勤中や移動中のバス・電車の中、仕事中にだって出来ます。

そして、そして・・・、ドローインは全くお金がかからないのです。

⇒ ドローインのやり方

 

2-2-2.ヒップリフト

ヒップリフトはお尻の筋肉を鍛えるトレーニングとして知られてますが、実は腹横筋を鍛えるのにもとても効果を発揮します。

床に仰向けに寝て、脚は軽く開いて膝を直角に曲げた状態から、お尻を持ち上げていく運動なのですが、このヒップリフト、持ち上げる際にはお尻の筋肉を鍛え、お尻を浮かしてキープする際には腹横筋を鍛えることが出来ます。

キープする時間を長めに取ることにより効果を高めてくれます。

⇒ ヒップリフトのやり方

 

2-3.有酸素運動でポッコリお腹解消

皮下脂肪が原因のポッコリお腹には、ウォーキングなどの有酸素運動が効果的です。ただし、肝に銘じておかないといけないのは、徐々に蓄積されてきた皮下脂肪は、一日二日で簡単に落ちるものではないと言う事。毎日継続することが大前提になります。

今は「1日8000歩/中強度運動20分」がベストだと言われていますので、これを目標にその日の体調に合わせて行えば良いかと思います。

 

2-4.サプリメントで皮下脂肪を落とす

膝が痛い、時間がないという人には、サプリメントで皮下脂肪を落とすという手段もあります。

それは、最近話題の内臓脂肪や皮下脂肪などお腹周りの脂肪を減らすのを助ける機能がある「葛の花由来イソフラボン」を配合したサプリメント。臨床試験では、3ヶ月でお腹の脂肪が20平方センチも減少したという結果が論文で発表されています。

⇒ 「葛の花由来イソフラボン」配合サプリメントの詳細

 

2-5.骨盤の歪みを矯正するには

骨盤の歪みを矯正するには、エクササイズやストレッチをして骨盤を元の位置に戻してあげましょう。

家で手軽に出来るのはお尻歩き。両脚を伸ばした状態で座り、左右の脚を交互に出して前へ後ろへ歩くだけ。テレビを見ながらでも簡単にできます。

スクワットも有効なのですが、間違ったスクワットをすると効果をないばかりか膝や足首を痛める原因にもなってしまうのでご注意を。

お腹周りの脂肪の落とし方 |40代50代でもできる簡単な方法とは?


 

40代50代にもなるとすぐについてしまうお腹周りの脂肪。何とかしたいと思っている方も多いことでしょう。どうやったらこの脂肪を簡単に落とす事ができるのでしょうか。

 

1.お腹の脂肪の正体

お腹の脂肪って一口に言いますが、お腹の脂肪は大きく分けて「皮下脂肪」と「内臓脂肪」の2種類あります。

皮下脂肪も内臓脂肪も同じお腹周りにつく脂肪ですが、それぞれ性質も違えば付き方も違います。まずはその違いや確かめ方を見ていきます。

 

1-1.内臓脂肪

内臓脂肪は、内臓の周りにつく脂肪のことです。内臓の周りにつくので見た目では分からない場合が多いので、見た目はスリムで肥満とは無縁で健康と思われる人でも、内臓脂肪が多いと健康診断では「隠れ肥満」と診断されることがあります。

内臓に脂肪が付く原因として、運動不足による筋肉の衰え・暴飲暴食・お酒の飲み過ぎ・ストレス・不規則な生活などが挙げられます。このように生活習慣の影響を受けやすい内臓脂肪は、簡単に付きやすく、男性に付きやすいと言われています。

 

1-2.皮下脂肪

女性に付きやすい皮下脂肪は、その名の通り、皮膚の下につく脂肪で、指で摘まむことができます。お腹だけでなく、太ももやお尻など下半身に付き、その体型から「洋ナシ型肥満」とも呼ばれます。

皮下脂肪は徐々に蓄積されていく性質がある分、落とすのにも相応な時間と根気が必要になる、ダイエットする人には厄介な脂肪です。

何故、皮下脂肪を落とすのに時間を要するのか。それは、皮下脂肪が脂肪の中でも「非常食」的な存在だから。つまり、全ての脂肪が使い果たされた最後に使われる脂肪だから、一番落ちにくいのです。

この皮下脂肪が増えると、男女ともどもお腹タプタプの肥満体型に見られてしまいます。

 



 

2.内臓脂肪の落とし方

お腹周りの脂肪の一つ、内臓脂肪を落とすことは、そんなに難しいことではありません。簡単につきやすい反面、落とすのも比較的簡単なのです。

内臓脂肪は燃焼しやすい性質なので、食生活を見直したりウォーキングなどの有酸素運動を継続するだけでも落とすことができます。

また、お酒好きな方だと、毎日のお酒の量を減らすとか、休肝日を設けるだけでも効果があるそうです。

案外簡単に落とせる内臓脂肪ですが、ついつい忙しさにかまけて流れに任せて放っておく人も多くいますが、そのまま放っておくと、糖尿病高血圧高脂血症など身体に悪影響を及ぼす恐れがあります。

特に健康診断で指摘された40代50代の方は、身体をリセットする良い機会だと思って、立ち止まって見てもよいのではと思います。

 

3.皮下脂肪の落とし方

お腹周りの脂肪のもう一つ、皮下脂肪。皮下脂肪は徐々に蓄積されてきた分、落とすのにもそれなりの時間と根気が必要になってきます。つまり、皮下脂肪は内臓脂肪ほど簡単には落ちないということです。

だから、ダイエットを頑張ってもなかなか減らないので、諦めてしまう人も多いのでしょう。

しかし、皮下脂肪が落ちにくいと言っても脂肪に変わりありません。正しいやり方で頑張れば必ず落ちていきます。

まず手始めに、摂取カロリーを見直すことから始めましょう。「消費カロリー < 摂取カロリー」という図式の生活を毎日送っているのなら脂肪がつくのは当たり前です。「消費カロリー > 摂取カロリー」になるようにしましょう。

 

新規原稿追加の為
 

4.食事の摂り方でお腹周りの脂肪を落とす

まず手始めに、今の食生活を見直してみましょう。脂肪がついてしまうのは、消費カロリーより摂取カロリーが多くなっているという事です。

一日の消費カロリーの6割から7割を占めると言われる基礎代謝量は年齢と共に低下していきます。だから、若い頃から食べる量は変わってないという人でも、加齢による基礎代謝量の低下で消費カロリーが少なくなってしまい、知らず知らずのうちに「消費カロリー < 摂取カロリー」ということになってしまうのです。

だからと言って、ご飯を全く食べない、油物は一切摂らないといった極端な食生活をしてはいけません。全く食べないのではなく、控えめにすればいいのです。食生活で気をつけることは、栄養バランスを考えて食べ過ぎないという事です。

・腹七分目から八分目に
・よく噛んで食べる
・食事は抜かない
・栄養バランスを考える(極端な食生活では脂肪は減りにくい)
・揚げ物や油っこい料理はほどほどに
・なるべく野菜など食物繊維の多い物を食べる
・夕食は特に意識して控えめに
・寝る3時間前には夕食を終える

 

5.運動でお腹周りの脂肪を落とす方法

お腹周りの脂肪を落とすには、食事だけでなく運動も大事になってきます。

 

5-1.有酸素運動

お腹周りの脂肪を落とすのに効果的なのが有酸素運動です。その中でも誰でも気軽に、そしてお金をかけずにできるのがウォーキング

しかしウォーキングも間違った認識でやってしまうと、身体に悪影響を及ぼすこともあるそうなので注意してください。

よく「1日1万歩」と言われますが、今まであまり歩かなかった方にとっては、過酷な目標です。膝などの関節を痛める原因になるかもしれないので、そこまで無理することはありません。

今は「1日8000歩/中強度運動20分」がベストだと言われています。しかしこれもその日の体調に合わせて行えば良いかと思います。

※中強度運動とは、ウォーキングで言えば何とか会話ができる程度の速さを言います。

 

5-2.腹筋を鍛える

仰向けに寝て、膝を90度に曲げた状態で上体を起こす腹筋運動。今まで運動と無縁だった人の中には、この腹筋運動が出来ない人もいるでしょう。そういう人は無理に腹筋運動を行うと首を痛めたりする事があるので、注意しなければなりません。

上体を起こすことが出来ない人でも、自分のおへそを見るように肩甲骨が浮く程度の高さまで上体を起こすだけでも筋力は付いてきます。出来る範囲で徐々に筋力を付けていけば良いのです。

 

5-3.インナーマッスルを鍛える

インナーマッスルを鍛えると基礎代謝や脂肪燃焼効果を高めることができるので、お腹周りの脂肪を落とすのにも向いています。

筋力がない人でも簡単に出来るのがドローイン。息を吐ききって出来る限りお腹をへこませた状態をキープすることで、お腹周りのインナーマッスルを鍛えることが出来ます。(お腹をへこませたままでも呼吸は続けてください)

 

6.サプリや漢方でお腹周りの脂肪を落とす

食事管理や運動などと一緒に、サプリや漢方を上手に活用するのも一つの手段です。

サプリメントでいま話題なのが、内臓脂肪や皮下脂肪などお腹周りの脂肪を減らすのを助ける機能がある「葛の花由来イソフラボン」を配合したサプリメント。1日わずか約93円で始められる「シボヘール」がおススメです
⇒ 1日4粒の新習慣で、お腹の脂肪を減らす方法【初回980円】>>詳しくはこちら
 

漢方薬では、お腹周りの脂肪を減らすだけでなく、肥満や便通、更には肩こりや浮腫みなどにも効果のある「生漢煎 防風通聖散」がおススメです。
⇒ 18種類の生薬が脂肪を落とす「生漢煎 防風通聖散」

お腹周りの贅肉・脂肪を取る方法

90494ac1822269cb14a3a9894cbb519a_s
お腹周りの贅肉って、老若男女を問わず誰もが気になるもの。特に中高年になると、すぐお腹にプヨプヨとお肉がついてしまうのは悩みの種でもあります。

このお腹の贅肉、どうしたら取ることができるのでしょうか。

 

1.皮下脂肪と内臓脂肪

お腹周りの脂肪は、大きく分けて「皮下脂肪」と「内臓脂肪」の2種類あります。自分がどのタイプなのか確認してみましょう。

 

1-1.女性に多い皮下脂肪

女性に多いと言われる皮下脂肪は、その名の通り、皮膚の下につく脂肪。指でつまむことができます。

皮下脂肪は脂肪の中でも、「非常食」的な存在。全ての脂肪が使い果たされた最後に使われるので、一番落ちにくい脂肪です。

この皮下脂肪が増えると、男女ともどもお腹タプタプの肥満体型に見られてしまいます。

 

1-2.男性に多い内臓脂肪

内臓脂肪は、内臓の周りにつく脂肪のこと。男性につきやすい内臓脂肪は、運動不足による筋肉の衰え・暴飲暴食・お酒の飲み過ぎ・ストレス・不規則な生活などが原因とされています。

そのまま放っておくと、身体に悪影響を及ぼす恐れがある内臓脂肪ですが、幸いなことに燃焼しやすい性質なので、脂肪を落とすことはそう難しくはありません。

 

3.お腹周りの脂肪を落とす方法

お腹周りの脂肪を落とす方法は、食事管理と適度な運動、そしてサプリを上手に活用することにより、効率的に落とすことができます。

 

3-1.食事管理

贅肉という言葉の由来には、贅沢な食事をして付いた肉という説があります。つまり、贅沢な食事をしたり、動いた以上に食べたりしたらお腹にお肉が付いてしまうという事です。

食生活を質素に、もしくは動いた以上に食べないように食事の管理をすることが大切です。

 

3-1-1.食事バランスを整える

ダイエットでは朝昼晩、3食きちんと食べることが大切ですが、食事量のバランスを取ることも重要です。朝は一日の始まり、たくさん食べても寝るまでには消化されるので、朝はしっかり食べるようにしましょう。

また夕食は、寝る3時間前には終わらせて、量も控えめにしましょう。

 

3-1-2.カロリーのバランスを整える

皆さんご存知のように、消費カロリーよりも摂取カロリーが多くなると痩せることができません。

しかしながら今の世の中、街のあちこちに美味しいものが溢れているので、普通に食べていてもカロリーオーバーになってしまう時代。

そうならない為には、自分にとっての1日の推定エネルギー必要量を目安として知っておくのもよいでしょう。

⇒  あなたの「1日の推定エネルギー必要量」を調べてみましょう

 

3-1-3.早食いは肥満のもと!

早食いは肥満のもと」と言われるように、ダイエットする際には改めなければなりません。

何故早食いが肥満につながるのか?それは、早食いをすると満腹感を感じる前に必要以上に食べ過ぎてしまうからです。

まず野菜などの食物繊維から食べ始めましょう。それもよく噛んでゆっくり食べること。そうすることにより満腹感が高められ、食べ過ぎを抑えてくれます。

 

3-2.内臓脂肪を減らす運動

色んなサイトを見ると、内臓脂肪を落とすのは意外と簡単みたいです。キツイ運動をする必要もなく、適度な運動を継続するだけで良いそうです。

適度な運動の代表格と言えば、やはりウォーキング。家の周りを歩くだけなのでお金もかかりません。最初は脂肪燃焼が始まる20分を目標に、慣れてくれば歩くスピードを速めたり、時間を延ばしたりするのが良いでしょう。

家の中で有酸素運動をしたい方には、踏み台昇降がおススメです。テレビを見ながらすれば時間なんてアッと言う間に過ぎてしまいますし、雨の日だって風の日だって関係なく適度な運動ができます。

食事管理と有酸素運動を併用して、内臓脂肪を減らしましょう。

 

3-3.皮下脂肪を落とす運動

皮下脂肪は、内臓脂肪とは違って落としにくく、食事制限だけでは落ちるものではありません。ダイエットをしてもなかなか落ちないので、諦める人が多いのですが、皮下脂肪も脂肪。諦めず頑張れば必ず落ちていきます。

皮下脂肪を落とすために、有酸素運動と共に必要になるのが筋トレ。筋トレをすることにより基礎代謝を高めることができるので、まずは腹筋運動から始めてみましょう。

 

4.サプリや漢方薬を上手に活用する

食事管理や運動などと一緒に、サプリや漢方を上手に活用するのも一つの手段です。

お腹の脂肪を減らす、葛の花由来イソフラボンサプリ

皮下脂肪を減らす漢方