ヒートスリム42℃ | 韓国発の温熱パッチで脂肪燃焼ダイエット

ヒートスリム42℃
 

貼るだけで脂肪が燃えて、たるんだお腹が引き締まると話題のヒートスリム42℃。

美容大国の韓国で生まれた脂肪燃焼ダイエットパッチ「ヒートスリム42℃」が日本で発売されて以来、テレビや雑誌で特集が組まれるほど注目を集めています。

ぽっこりしたお腹だけでなく、気になる二の腕・太もも・お尻などに貼るだけで脂肪燃焼をサポートしてくれる「ヒートスリム42℃」は、今まで色んなダイエットに挑戦しても続かなかった方でも、貼るだけなので超簡単!

面倒くさがりで3日坊主の方でも簡単に続けられると評判になっている「ヒートスリム42℃」がどんな商品なのか調べてみました。

 

ダイエットパッチ「ヒートスリム42℃」とは

「ヒートスリム42℃」は、美容大国の韓国で生まれたダイエットパッチで、韓国内ではいくつもの厳しいテストに合格し、様々な特許・認証を取得しています。

貼るだけで温熱効果が8時間も持続し、脂肪分解を促してくれる、韓国でも話題沸騰のダイエットパッチ「ヒートスリム42℃」は、当然日本でも注目を集めており、今やモデル・美容のカリスマ達の間で「もう手放せない!」と人気爆発中です!

「もう手放せない!」と人気爆発中のヒートスリム42℃はこちら

 

お腹のお肉はなかなか落ちない

40代50代になるとお腹についたお肉は思うように落ちてくれません。加齢によって基礎代謝が落ちてしまってるので、短期間では簡単には結果が付いてこないのです、

お腹の贅肉(皮下脂肪)は、長年に渡って蓄積されたもの。だからダイエットも長期的に取り組まなければなりません。

でも、こんな経験ってないですか?

ダイエット頑張るぞ!と意気込んでウォーキングや食事制限を始めてみたものの、運動はツラいし膝は痛くなるし、食事制限はストレスが溜まって、結局は挫折してしまったということ。

そんな人にピッタリなのが、気になる部分に貼るだけのヒートスリム42℃です。

 

ヒートスリム42℃は貼るだけで簡単に脂肪を燃焼!

ヒートスリム42℃は、お腹に貼るだけなので、ウォーキングや食事制限などが続かずダイエットに挫折してしまった人でも簡単にでき、しかもダイエット効果も期待できます。

ヒートスリム42℃の温熱パワーは8時間も持続するので、活用の仕方も人それぞれ。

例えば、朝出勤前に貼れば、通勤時の電車の中でも、仕事中のオフィスの中でも、ランチ中でも、いつでもお腹の脂肪を燃やし続けてくれるので、忙しくて運動する時間が取れない人でも、貼っている時はいつもダイエット状態で脂肪燃焼をサポートしてくれます。

忙しい朝でも3秒で簡単に貼れるヒートスリム42℃はこちら

 

ヒートスリム42℃とカイロの違いとは!?

貼って温めるという点では、ヒートスリム42℃も貼るカイロも同じです。しかし、温め方に根本的な違いがあります。

貼るカイロは、本体が温かくなり身体を温めますが、ヒートスリム42℃はパッチ本体が温かくなるのでは、パッチ本体に練り込まれたカプサイシンが脂肪を分解することで熱を発生するのです。

温熱を感じ始めたら、それは脂肪が燃えている証拠。ヒートスリム42℃で是非とも脂肪燃焼を体感してみてください。

 

ヒートスリム42℃はこんな方におススメ!

ヒートスリム42℃はこんな方におススメです。
・お腹周りの脂肪が気になる
・ぽっこりお腹が気になる
・今まで履けていたズボンやスカートがきつくなってきた
・最近、くびれがなくなってきた
・仕事や家事、育児で忙しくダイエットする時間がない
・ダイエットが続かない
・好きなものやお菓子はガマンしたくない
・冷え症の方
・オフィスの冷房対策に

 

夏の冷房対策にも使える!

オフィスなど自分で温度設定ができないところでの冷房は、冷え性の方にとってはとてもツラいもの。特に女性は下半身を冷やさないように注意する必要があります。

夏用の薄手の腹巻きをしたり、夏でもカイロを貼ったりして対策をするのも良いのですが、最も良い方法がヒートスリム42℃をお腹に貼ることです。

厚さわずか1mmのヒートスリム42℃は、貼ってても誰にも気付かれないし、脂肪を分解することで発生する熱が脂肪燃焼と同時に冷えからも守ってくれます。

ヒートスリム42℃の冷房対策のポイントは、会社についてから貼ること。温熱パワーは8時間持続なので、ちょうど1日の勤務時間、つまりオフィスにいる時間は、冷房の冷えから守ってくれます。

 

痒みやかぶれが心配?

ヒートスリム42℃は、直接お肌に貼るものなので、痒みやかぶれが心配になる人もいらっしゃると思います。しかし、ヒートスリム42℃は女性のために開発された商品、だから安心・安全だけでなく快適性にも特にこだわっています。

【ヒートスリム42℃のこだわり】
◆特許、認証を取得済の商品
美容大国の韓国において、様々な厳しいテストに合格して特許を取得
◆人体に安全なものだけを使用
ヒートスリム42℃は医療用パッチと同じ高級素材を採用。
成分も植物由来のため、むれや痒み、かぶれ等の心配もありません。
◆厚さがわずか1mmでぴったりとフィット!
◆密着性の高さと、剥がしやすさを両立!
使用後のことも考え、のりや粘りが肌に残らないように設計。

 

ヒートスリム42℃の口コミ

代謝が落ちたせいか、食べる量を減らしてもなかなか痩せられずに悩んでいました。愛用のスキニーは履けなくなり、ブラは食い込みお腹のお肉はズボンに見事に乗っかっていました。旦那からも「昔の面影がなくなった」と言われる始末。そんな時に偶然出会ったヒートスリムが、ダメダメだった私を変えてくれたんです!
貼るだけでOKなのでラクに続けられたのが成功できた理由だと思います。貼りながら運動をするとさらに効果抜群でした。2ヶ月経った今ではくびれが出現!自分でもビックリの変化です。(31歳女性/公式サイトより抜粋)

 

せっかく買うならまとめ買いが断然オトク!

ヒートスリム42℃の単品価格は、1箱8枚入りで3,980円(税別)。そこに送料800円が必要となります。

しかし、1度に3箱以上購入すると送料が無料になります。

1箱ずつ3回買うのと一度に3箱買うのでは、送料だけでも2,400円の差額が発生してしまうので、まとめて買う方が断然オトクということになります。


 

まとめ

ヒートスリム42℃は温熱効果が8時間も持続するので、朝出かける前に貼るだけで、仕事中も育児中も寝ている時もいつでもどこでもあなたの脂肪を燃やし続けてくれます。

だからわざわざ時間を作って運動する必要も、ジムに通う必要もありません。ご飯やお菓子を我慢しなくても脂肪を燃やしてくれます。

お腹のお肉は気になるのに、仕事や家事、育児に忙しくてなかなか思うようにダイエットができない方や、お腹周りだけでも痩せたい方、その願いを叶えるのに我慢なんてもういらないのです!

面倒くさがりの3日坊主の方でも簡単に続けられるヒートスリム42℃。

↓もっと詳しく知りたい方はこちらからどうぞ!↓
ヒートスリム42℃
 

【関連記事】

貼るだけでたるんだお腹を引き締めるヒートスリム42℃の効果

ヒートスリム42℃ | 貼るだけでお腹のお肉を引き締める3つの秘密

オフィスの冷房対策 | ヒートスリムはカイロよりも効果的!

ヒートスリム42℃の効果は脂肪燃焼と冷え解消で一石二鳥!

女性の中年太りの原因と効果的な3つの解消方法


 

中年太りに悩む女性は数多くいますが、女性の中年太りの原因は一体何だと思いますか?
今まで肥満とは無縁だった人でも40の声を聞くと何故だかお腹周りに脂肪がついてきてしまう中年太りの原因と解消法を探っていきたいと思います。

 

1.女性の中年太りの原因

女性が中年太りになる原因、それは加齢です。加齢によって筋肉量が低下したり、ホルモンの変化が現れ、それが中年太りへと繋がっていきます。

 

1-1.加齢による筋肉量の低下

40代にもなると老眼、白髪、薄毛など色んなところに老化現象が現れてきますが、中年太りの要因である「筋肉量の低下」もその老化現象の一つです。

筋肉量が低下すると基礎代謝が下がるので、若い頃と同じように食べたり飲んだりの生活習慣を続けていると、脂肪がどんどん蓄積されていくので、中年太りになってしまうのです。

 

1-2.更年期は太りやすい

女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量は加齢とともに減少していきます。大体30歳辺りから徐々に減り始め、40歳を過ぎるとガクンと減り出します。

エストロゲンの分泌量が減少すると、ホルモンの働きが弱まり脂肪が分解されにくくなるので、太りやすくなります。

 

2.中年太りの弊害

女性は幾つになっても若く見られたいと思うものです。しかし中年太りになってしまうと実年齢よりも老けて見られがちです。

そして何より中年太りは健康を害してしまう恐れがあります。糖尿病や動脈硬化など生活習慣病を起こしやすくなるので、中年太りは仕方がないと諦めてはいけません。

 

3.40代・50代女性の中年太りの特徴

女性の40代から50代は更年期を迎える時期。体重も増加しやすくなります。その原因は加齢(老化)による筋肉量の低下と女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が減少するからです。

筋肉量が低下すると基礎代謝が悪くなり、女性ホルモンの分泌量が減少すると脂肪が分解されるので太りやすくなるのです。

中年太りの特徴は、お腹周りに脂肪がついてしまうこと。所謂ポッコリお腹というやつです。更に内臓にも脂肪がつきやすくなるのでメタボの原因になってしまうこともあります。

また、筋肉量が低下すると基礎代謝が低下するだけでなく、皮膚のハリも失われてしまいます。だからこの年代は脂肪の固まりであるセルライトも定着しやすい年代とも言えます。

 

初回980円!話題のお腹の脂肪を減らすサプリ。>>詳しくはこちら
 

4.女性の中年太りを解消する方法

 

4-1.有酸素運動

女性の中年太りを解消するのに有効な手段と言えばやはり運動です。しかし、今まで何も運動をしてこなかった人が急に激しい運動をするのは好ましくありません。

まずは、ウォーキング水泳など、関節などに負担がかからない運動がおススメです。水泳は水着になるのに抵抗がある人もいるかと思うので、まずはウォーキングから始めてみてはいかがでしょうか。

1日8000歩、その中で中強度の運動を20分入れると良いのですが、最初のうちは膝が痛まない程度、翌日に疲れが残らない程度から始めるのが良いでしょう。

 

4-2.インナーマッスルを鍛える

インナーマッスルを鍛えると基礎代謝や脂肪燃焼効果を高めることができるので、お腹周りの脂肪を落とすのにも向いています。

筋力がない人でも簡単に出来るのがドローイン。息を吐ききって出来る限りお腹をへこませた状態をキープすることで、お腹周りのインナーマッスルを鍛えることが出来ます。(お腹をへこませたままでも呼吸は続けてください)

 

4-3.食事を見直す

加齢による筋力の低下で基礎代謝量が下がっているので、若い時と同じように食べていると基礎代謝量が低下した分エネルギーを消費出来ないので、太ってしまいます。

少しずつでも食事量を見直すのが良いでしょう。

 

5.お腹の脂肪を取るならサプリメントや漢方!

有酸素運動を行ったり、食事を見直すことで中年太りは解消されていくでしょう。しかしもっと効果的にお腹周りに脂肪を取りたいのならば、サプリメントや漢方を併用することもありです。

 

新規原稿追加の為
 

なかなか減らない皮下脂肪の効果的な落とし方


 

お腹にたっぷりついた皮下脂肪、何とかして落としたいと思っている方も多いと思います。しかしこの皮下脂肪、脂肪の中で一番落ちにくい脂肪なので、短期間では減らないのです。

せっかくダイエットに励んでも、目に見えた成果が表れないから途中で、それも短期間で諦めてしまう方が多いそうです。でもこれって、とっても勿体ないことです。

そこで、ここでは皮下脂肪の性質から皮下脂肪の効率良い落とし方を探っていきたいと思います。

 

1.皮下脂肪とは

プヨプヨ、ぷにぷにといった表現がピッタリの皮下脂肪。皮下脂肪はその名の通り皮膚の下につく脂肪で、指で摘まむことができます。

皮下脂肪の役割は、体の熱を維持したり、外からの刺激を和らげるクッションの役目があるのですが、脂肪の厚さはつく場所によって様々。主にお腹、お尻、太ももなど下半身に付きやすく、その体型から「洋ナシ型肥満」とも呼ばれます。

 

2.皮下脂肪がなかなか取れないのは理由

皮下脂肪は徐々に蓄積されていく性質なので、落とそうと思っても簡単におちるものではありません。相応な時間と根気が必要になる、ダイエットする人には厄介な脂肪です。

何故、皮下脂肪は落とすのに時間がかかるのか?それは、皮下脂肪が脂肪の中でも「非常食」的な存在だからです。

よく内臓脂肪は普通預金、皮下脂肪は定期預金と例えられます。定期預金は普通預金がある時はそのまま置いといて、底を付いたら崩しますよね。皮下脂肪もそれと同じで、全ての脂肪が使い果たされた最後に使われる脂肪なので、一番落ちにくいのです。

BMIが25~30の肥満気味の方におススメのシボヘールはこちら

 

3.皮下脂肪がつく原因

皮下脂肪がついてしまうのは、カロリーの摂り過ぎ、つまり「消費カロリー < 摂取カロリー」という食生活であるため、消費できなかったエネルギーが蓄積されるのです。

加齢とともに年々低下する基礎代謝。基礎代謝量は消費カロリーの中でも6割から7割を占めると言われています。なので、若い頃と同じ食事量であっても、歳をとると基礎代謝量が低下する分、カロリー過多になってしまうのです。

 

4.皮下脂肪を効果的に落とすには

頑張ってダイエットしてもなかなか簡単には落ちてくれない皮下脂肪ですが、短期間で落ちないからと言って諦めてはいけません。時間をかけて蓄積された脂肪を落とすには時間がかかって当たり前。諦めずに頑張りましょう。

 

4-1.有酸素運動

皮下脂肪を落とすには、やはり有酸素運動が効果的です。その中でも誰でも手軽に行えるウォーキングがおススメです

以前は「1日1万歩」とか言われてましたが、日頃あまり歩かない人にとっては、膝などの関節を痛める原因になるかも知れないので、そこまで無理することはありません。

今は「1日8000歩」でその中に「中強度の運動を20分取り入れる」のがベストだと言われています。しかし、まずは自分の体調、体力と相談しながら疲れが残らない程度から始めるのが良いでしょう。

 

4-2.筋トレ+有酸素運動が効率アップ

お腹周りの脂肪が気になり始めると皆さん腹筋を鍛えようとします。しかし、筋力をつけるだけだと、皮下脂肪を落とすまでには相当な時間がかかってしまいます。

脂肪を効率よく落とすには、筋トレよりも有酸素運動を優先すること。そして更に効率よく落とす方法が、有酸素運動に加えて筋トレをすることです。有酸素運動と筋トレを組み合わせることで脂肪燃焼効果はより高まるのです。

 

4-3.食生活を見直す

有酸素運動と筋トレをすることで、脂肪燃焼効果は高まりますが、それに加えて食生活を見直した方が良いでしょう。

食生活を見直すと言っても、食事制限をすることではありません。(もちろん食事制限が出来る方はした方が良いのですが・・・。)

せっかく運動しているのに食べ過ぎてしまうともったいないですからね。

 

5.皮下脂肪を落とす秘密兵器

皮下脂肪を落とす方法として、漢方サプリメントも見逃せません。

皮下脂肪を落としたい人の中には、運動や食事制限をせずに痩せたいという人もいるでしょうし、膝が痛くてウォーキングなど長時間歩くのが苦痛だという人もいるでしょう。そういう人には、漢方やサプリで皮下脂肪を落とすのも一つの手段だと言えます。

 

5-1.生漢煎「防風通聖散」で皮下脂肪を落とす

生漢煎「防風通聖散」は、18種類の生薬を配合し、その効果効能が認められた満量処方の漢方薬です。

代謝・利尿・便通などの作用を促進し、余分なお腹の脂肪を減らしてくれます。

↓ 生漢煎「防風通聖散」の詳細はこちら ↓ 


 

5-2.シボヘールで皮下脂肪を落とす

シボヘールは、お腹周りの脂肪を減らすのを助けてくれる、いま話題の葛の花由来イソフラボンを配合したサプリメント。

適度な運動とバランスの良い食事にプラスして、シボヘールを摂取すると、お腹の脂肪対策に!

臨床試験でも120日間でお腹の脂肪が平均20平方センチも減ったと証明された機能性表示食品です。

回数の縛りがなく2回目以降はいつでも停止ができる定期コースだと、初回は特別価格の980円(税込/送料無料)と大変オトクに始められます!

↓ シボヘールの詳細はこちら ↓
新規原稿追加の為
 

6.まとめ

皮下脂肪は、徐々に蓄積されてきた分落ちていくのに時間がかかります。しかし、有酸素運動、筋トレ、食事を見直すことで、少しずつ減っていきます。根気よく継続しましょう。