皮下脂肪を減らすサプリは痩せにくい夏のダイエットに最適!


 

暑くなるにつれて段々と痩せにくくなってきた感じがしないですか?
毎日体重をつけていると、その傾向がよくわかります。

食べてる量や運動量は変わらない(はず)なのに、最高気温が20℃を超え始めた4月中旬以降、痩せるどころか徐々に体重が増え始めてきた、な~んて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

気温が高くなる夏は冬に比べると痩せにくい季節です。そんな暑い夏に皮下脂肪を減らす方法と言えばサプリメントを上手に活用するしかありません。

 

夏は冬に比べて痩せにくい

夏は外気温が人間の体温に近くなることもあり、体温維持のための熱を産出する必要がありません。

このため夏は冬に比べると基礎代謝量が10%程低下します。それに加えて中高年の方は年々基礎代謝量が減っているので、更に痩せにくい季節と言えます。

汗をよくかくから痩せるものだと勘違いしている方もいるでしょうが、そもそも汗と言うのは体温を調節するもの。体温を下げるために汗を出し、汗の水分が蒸発する時に熱が奪われる、気化熱によって体温を一定に保っているのです。

だからこの汗は、体の水分が抜けただけ。水分補給をすればすぐに戻ってしまいます。

 

夏に痩せない人、夏太りする人はこんな人

真夏日や猛暑日ともなると、冷たいものをたくさん飲んだり、クーラーで体を冷やしてしまうので更に基礎代謝が下がったりします。

また、暑いがために運動不足になってしまい、夏バテ防止にカロリーが高いスタミナ食を食べてしまうので、カロリーを多く摂ってしまいがちにもなります。

夏に痩せない人、夏太りする人は、どちらかと言うとこんな生活を送っているのではないでしょうか。

 

話題の「葛の花由来イソフラボン」サプリで皮下脂肪を減らす!

しかし、こんな生活ばかり送っていると、夏が終わる頃にはお腹周りには一段と皮下脂肪が・・・、なんてことにもなりかねません。

そうならない為には、サプリメントの力を借りる必要があります。

暑い夏でも皮下脂肪を減らしたい方には、お腹の脂肪を減らすのを助ける働きがある「葛の花由来イソフラボン」を配合したサプリメントがおススメです。

お腹の脂肪を減らす!機能性表示食品「シボヘール」>>詳しくはこちら
 

まとめ

基礎代謝が低下する痩せにくい夏でも皮下脂肪を減らしたい方にとって、「葛の花由来イソフラボン」配合のサプリメントは夏のダイエットに最適です。

 

新規原稿追加の為

夏に内臓脂肪が増える理由と効果的な減らし方



暑くて食欲も減る夏。アイスやそうめんなどの冷たい食べ物や、ギンギンに冷えた冷たい飲み物を飲むことが多くなりますよね。

それに加えてクーラーの効いた部屋で過ごすことも多くなると思います。

しかし、夏場にそんな生活習慣を送っていると、夏太りで内臓脂肪が一段と増える恐れがあるのです。

内臓脂肪を減らしたいのに、逆に夏太りで内臓脂肪が増えたのでは話になりません。夏に内臓脂肪を減らすにはどうしたら良いのでしょうか。



夏に内臓脂肪が増える理由

夏に内臓脂肪が増える理由は、暑さによるものです。

真夏日や猛暑日が続くと、冷房の効いた場所を好んだり、冷たい食べ物や飲み物を摂る機会が多くなったりしませんか?

そんな生活習慣だと、身体はどうしても冷えてしまいがちになります。身体を冷えると、内臓も冷えてしまい、この事が原因で内臓脂肪が増えてしまうのです。

これは、冷えによって体温が下がったことに脳が危険信号を出し、内臓を守るために更に内臓脂肪をつけようとするから。

しかも、内臓脂肪は必要以上に増えると血流が悪くなり、その結果体温も下がってしまうので、内臓脂肪がどんどん蓄積されることになります。

 

内臓脂肪を増やさないようにするには!?

内臓脂肪をこれ以上増やさないようにするには、どうすれば良いのか?

それは、必要以上に身体を冷やさないことです。

暑いからと言って、冷たい物ばかり飲んだり、食欲がないので素麺などのど越しの良いものばかり食べるのは身体が冷えて内臓脂肪が増える原因にもなります。

水分補給はなるべく常温か温かいものを、のど越しの良い食べ物ばかりでなく、体温を上げてくれる良質なたんぱく質を積極的に摂って、代謝のアップを図りましょう。

 

暑くても有酸素運動は大切

暑いからと言って、クーラーの効いた部屋ばかりにいては、運動不足になってしまいます。

夏は冬に比べると約10%も基礎代謝量が下がるので、何もしなければどんどん太っていき夏太りの状態になってしまい、その脂肪は内臓に蓄えられていきます。

そうならない為にも、ウォーキングなどの有酸素運動は暑い夏でも大切。軽い運動でも内臓の代謝を促進することが出来ます。ただし、日中だと熱中症になってしまう危険性もあるので、朝か夕方の涼しい時間を見計らって行うと良いです。

 

サプリメントを上手に活用する

夏は暑いので、食事制限や運動が思うように出来ないこともあります。そんな時には内臓脂肪を増やさないように、サプリメントを上手に活用してみてはどうでしょうか。

シボヘールは、内臓脂肪や皮下脂肪などのお腹周りの脂肪を助ける機能がある、いま大注目の葛の花由来イソフラボンを配合したサプリメントです。

バランスの良い食事と適度な運動を併せると、夏太りの解消や内臓脂肪の減少により効果が期待できると思います。

 

シボヘール

内臓脂肪の多い人がアディポネクチンを増やす簡単な方法




内臓脂肪が多い人は、ダイエットして内臓脂肪を減らすことが一番なのですが、なかなか痩せられない人っていますよね。

そんな方々に最善の方法が、アディポネクチンを増やすことだそうです。

 

◆ 痩せホルモンと呼ばれるアディポネクチンの正体

メタボの予防や改善に効果があると言われ、痩せホルモンとも呼ばれるアディポネクチン。最近ではテレビで取り上げられることも多く、名前は聞いたことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

このアディポネクチン、脂肪細胞から分泌されるホルモンの一種で、超善玉ホルモンなのです。

メタボの他にも、糖尿病、高血圧、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病や動脈硬化の予防と改善にも効果があると言われています。

また、アディポネクチンは痩せホルモンのほかに長寿ホルモンとも呼ばれています。

一般的にホルモンと言えば、年齢を重ねるごとに分泌量は減少していくものです。しかしこのアディポネクチン、加齢とともに増えることはないのですが、驚くことに75歳以上から急に平均値が高くなるのです。

つまり、アディポネクチン値が高い人が長生きしていると言うこと。逆に、アディポネクチン値が高くないと長生きできないとも言えるのです。

 

◆アディポネクチンは中性脂肪を燃やす!?

アディポネクチンは脂肪細胞から分泌されるホルモンなので、脂肪を溜め込んでいる人の方がよりたくさん分泌されると思われがちです。

しかし実際はその逆。アディポネクチンは太ると減ってしまうものなのです。

アディポネクチンが分泌される脂肪細胞の本来の姿は、一つ一つの細胞が小さくきれいな球状です。

これが肥満時になってしまうと、脂肪細胞はパンパンに膨れていびつな状態になります。この肥大化したいびつな状態ままではアディポネクチンの分泌量は激減してしまい、代わりに悪玉ホルモンがたくさん分泌されるようになってしまいます。

しかし、アディポネクチンは、中性脂肪を燃やす効果があると言われています。だから減ってしまったアディポネクチンを高めて上げると、中性脂肪を燃やし体重も減るのではないかと言われています。

中高年からの健康を考えたサプリメント【DSアディポ】


 

◆ アディポネクチンを増やす方法

太ったことによって減少したアディポネクチンを増やすには、ダイエットして内臓脂肪を減らすことが一番です。

内臓脂肪は、なかなかとれない皮下脂肪とは違い、比較的とれやすい脂肪なので食生活を見直したりウォーキングなどの有酸素運動を継続することで落とすことができます。

しかし、そうは言ってもなかなか痩せられない人もいます。そんな人には、アディポネクチンを増やしてくれるものを毎日の食事に取り入れることが重要になってきます。

アディポネクチンを増やす食品

・βコングリシニン(豆腐、納豆などの大豆製品)
・EPA(青魚)
・少量のアルコール
・オメガ3脂肪酸(亜麻仁油など)
・マグネシウム
・食物繊維

アルコールも少量ならアディポネクチンを増やすと言われていますが、飲み過ぎると中性脂肪を増やしてしまい、アディポネクチンの分泌を阻害してしまいます。目安としては、ビール中瓶1本、焼酎(25度)0.7合、ワインはグラスで2杯程度です。

 

◆サプリメントでアディポネクチンを増やす

一人暮らしだったり、付き合いなどで外食が多い人は、アディポネクチンを増やす食品を毎日摂ることは難しいと思います。

そんな人には、やはりサプリメントを上手に活用するしかありません。

DSアディポは、アディポネクチン研究第一人者の岡部正医師が開発した、アディポネクチンを増やす増やす成分とされる大豆たんぱく(βコングリシニン)、亜麻仁油、シークワーサーなどを入れたサプリメントです。

生活習慣が気になる方、メタボが気になる方におススメです。