ヒートスリム42℃の効果は脂肪燃焼と冷え解消で一石二鳥!


 

貼るだけなのにわずか3週間でくびれが出現すると話題になっている韓国生まれの温熱パッチ「ヒートスリム42℃」。

その効果は脂肪を燃焼させるだけでなく、温熱効果で冷え症対策やオフィスの冷房対策にも効果を発揮する一石二鳥の温熱パッチです。

 

ヒートスリム42℃の特徴

ヒートスリム42℃の特徴は、カイロや温熱湿布のように自ら熱を発するのではなく、パッチに練り込まれたカプサイシンが脂肪を分解することでエネルギーを作り出して熱を発生させることです。

つまり、身体の内側からメラメラと燃え上がるような感覚は、脂肪が燃えている証拠そのものなのです。

脂肪が燃えることによって代謝量もアップするので、痩せにくいお腹のたるみを改善してくれます。

また、ヒートスリム42℃の温熱パッチは、TPEゲルが使用しているので、温熱効果だけでなく肌の潤いのアップにも役立ちます。

 

薄くても温熱パワーの持続は8時間!

ヒートスリム42℃は、暑さがわずか1mmなのでTシャツの上から触っても分からないくらい自然にフィットする柔らかいシートです。

そんな薄さにもかかわらず温熱パワーが8時間も続くのだから、仕事中でも食事中でもいつでもダイエットを体感できます。

 

ヒートスリム42℃でお腹の脂肪を効率よく減らす方法

ヒートスリム42℃は、貼るだけでも効果を発揮するはずですが、暴飲暴食をしていては効果を得られるはずはありません。

ヒートスリム42℃を貼ったからと言って、暴飲暴食をしていては効果なんて得られるはずはありません。くびれを作りたい、お腹の脂肪を減らしたいという願望があってヒートスリム42℃を購入するのでしょうから、暴飲暴食がダメという事は知ってて当然です。

ヒートスリム42℃を使って効率よくお腹の脂肪を減らしたいのであれば、食事制限とまではいかなくてもある程度の節制は必要です。また、有酸素運動を取り入れることで効果も更に上がると思います。
ヒートスリム42℃
 

実は冷え性や冷房対策にも効果的なヒートスリム42℃!

くびれを作る、お腹など気になる部位の脂肪を落とすことに注目が集まっているヒートスリム42℃ですが、実は冷え性や冷房対策にも効果的なんです。

厚さがわずか1mmでTシャツの上から触っても分からないくらい自然にフィットするヒートスリム42℃は、カプサイシンが脂肪を分解することで熱を発生させるので、身体の内側からポカポカしてきます。

ヒートスリム42℃をお腹に貼ると、このポカポカが内臓を温めることになり必然的に基礎代謝が上がり血行もよくなってくるので、冷房対策にはおススメなんです。

 

ヒートスリム42℃を安く購入

現在、ヒートスリム42℃を購入できるのは、公式サイトだけです。

安く購入できる販売店を求めてネットで探す方もいるでしょうが、アマゾンや楽天市場でも取り扱っていません。

しかし、公式サイトでも安く購入する方法はあります。それはセット買い。

より効果を発揮するために1日1枚使用することを考えると少しでも安いセット買いが断然オトクですし、送料無料になる特典も!


 

↓ ヒートスリム42℃の公式サイトはこちら ↓
ヒートスリム42℃
 

【関連記事】

ヒートスリム42℃ | 韓国発の温熱パッチで脂肪燃焼ダイエット

貼るだけでたるんだお腹を引き締めるヒートスリム42℃の効果

ヒートスリム42℃ | 貼るだけでお腹のお肉を引き締める3つの秘密

オフィスの冷房対策 | ヒートスリムはカイロよりも効果的!

男性の中年太りの原因と解消法!これでポッコリお腹を引き締める


 

30代の後半頃から気になり始めるポッコリお腹の中年太り。若い頃はスリムだった人でもスポーツマンだったと人でも、誰もがなる可能性がある中年太りですが、実際にはなる人とならない人が存在します。その分岐点はどこにあるのでしょうか。

 

中年太りは基礎代謝の低下と筋肉量の減少が原因!

中年太りになる原因は、基礎代謝量の低下と筋肉量の減少が大きく関係していますが、これらが衰える原因はすべて加齢のせいです。

基礎代謝とは、呼吸・体温の維持・内臓の活動など、生きていくために消費される必要最低限のエネルギー、つまり心身ともに安静時に消費されるエネルギーのことを言います。

この基礎代謝は、1日に消費されるエネルギーの約6割~7割を占めており、これが加齢によって低下すると太りやすくなってしまいます。

更に歳をとってくると落ちてくるのが筋肉。中年太りになる年代は仕事も忙しく、飲む機会も増える年代です。余程意識しない限り運動不足になってしまうのは仕方がありません。

しかし、運動不足になると筋力は加齢とともに低下して、さらに太りやすくなってしまいます。

若い頃と食べる量は変わってないのに体重が増えてきたり、お腹が出てきたりするのは、加齢によって基礎代謝量と筋肉量が低下したのが原因です。

若い頃は、「摂取カロリー = 消費カロリー」だったものが、歳をとるとともに「摂取カロリー > 消費エネルギー」という図式に変わってしまい、中年太りになってしまったのです。

 

中年太りになりやすい食習慣と生活習慣

・食べ過ぎ
・カロリーの摂り過ぎ
・アルコールの飲み過ぎ
・夜遅くの食事
・運動不足
・筋肉量の減少

このような食習慣や生活習慣をおくっていると、中年太りになりやすいのでご注意を!

 

男性の中年太りは危険がいっぱい

中年太りでお腹がポッコリしてきた男性は注意しなければなりません。中年男性に多く見られるポッコリお腹は、内臓脂肪型肥満と呼ばれ、生活習慣病を引き起こす恐れがある肥満です。

内臓脂肪は皮下脂肪に比べて落とすのは簡単ですが、放っておくと高血圧や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病を引き起こし、それによって動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞を招く恐れもあります。

 

中年太りを解消するには食生活の見直しと運動!

中年太りは、今までの食生活を見直したり、日々の生活の中に運動を取り入れることで解消することができます。

食生活の見直し
・1日3食ちゃんと食べるが、夕食は控えめに!
・腹八分目を心掛ける
・よく噛んで食べる
・寝る3時間前には夕食を終える
・栄養バランスを考える(極端な食生活では脂肪は減りにくい)
・揚げ物や油っこい料理はほどほどに
・なるべく野菜など食物繊維の多い物を食べる
・毎日のお酒の量を減らし、休肝日を設ける

運動
・ウォーキングなどの有酸素運動
・適度の筋トレ
・腹筋を鍛える

 

楽して中年太りを解消する方法

ダイエットなどせずに楽に痩せたいという方も中にはいるでしょう。そんな方にはサプリを試してみるのも良いかもしれません。

ただサプリを摂取するにしても、暴飲暴食を続けていては効果は出ません。食事のバランスを考えながら腹八分目にすることは最低限必要です。

↓ 本気で脂肪を落としたいあなたにおススメの漢方 ↓


↓ 話題の葛の花由来イソフラボン配合のサプリ ↓
新規原稿追加の為

皮下脂肪を減らすには夏は不向き!その理由と対策はコレ!


 

脂肪の中でも最も減らすのが大変と言われる皮下脂肪。夏までには何とかしたいと思われる方も多いと思いますが、これから気温が30℃を超える日が多くなってくると、皮下脂肪を減らすのは段々と難しくなってきます。

中には、夏に皮下脂肪を減らすのは無理だと思って諦める人もいるかもしれません。だって、夏はダイエットには不向きな季節なのですから。

 

皮下脂肪と内臓脂肪

脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪の2種類ありますが、それぞれ性質も違えば付き方も違います。

内臓脂肪は、内臓につく脂肪で、簡単につきやすく落としやすいの特徴です。

これに対し皮下脂肪は、皮膚の下につく脂肪で、徐々に蓄積されていく性質がある分、落とすのにも相応な時間と根気が必要になる、ダイエットする人には厄介な脂肪です。

 

皮下脂肪は食事制限だけでは減らない

内臓脂肪は燃焼しやすい性質なので、食生活や生活習慣を見直すだけでも簡単に落ちてくれますが、皮下脂肪は脂肪の中でも「非常食」的な存在。だからダイエットを頑張っても短期間ではなかなか減ってはくれません。

皮下脂肪を減らすには、食事制限ももちろん大事なのですが、食事制限だけでは減らすことは出来ないのも事実です。

その理由は、食事制限だけでは脂肪を燃焼してくれるわけではないからので、殆ど脂肪は減ってくれません。運動を取り入れてエネルギーを消費しないと皮下脂肪は燃焼してくれないのです。

 

皮下脂肪を減らすには有酸素運動が必要

皮下脂肪は、食事を見直すことによって摂取カロリーを抑えるとともに、皮下脂肪を燃やさないと減らすことはできません。

それには、やはりウォーキングなどの有酸素運動が効果的です。

ウォーキングについては、20分以上継続して歩かないと脂肪は燃焼されないと言われてきましたが、これは誤りで20分以上の継続ではなくトータルで20分以上でも良いと言われています。

 

皮下脂肪を減らすには夏は不向きだという理由

皮下脂肪を減らすには有酸素運動が効果的なのですが、気温が30℃を超える真夏のウォーキングは、紫外線や熱中症が気になってしまい、外に出る勇気さえなくなってしまいます。

また暑い日が続くと、それだけで体力が奪われてしまい、動くのさえ億劫になってしまう方もいるでしょう。

このように、うだるような暑さが原因で運動不足になってしまい、皮下脂肪を減らすためには欠かせないウォーキングも出来なくなってしまいます。だから夏は皮下脂肪を減らすには不向きな季節なのです。

 

夏でも皮下脂肪を減らしたい方の最適な方法は!?

そうは言っても皮下脂肪はスタイルに大きな影響を与えるので、どうにかして夏でも皮下脂肪を減らしたいという方も多いことでしょう。

そんな方におススメなのがシボヘールというサプリメント。
皮下脂肪や内臓脂肪などお腹の脂肪が気になる方にはおススメです。

↓ 機能性表示食品「シボヘール」の詳細はこちら ↓

新規原稿追加の為