女性が気になる皮下脂肪!効果的で誰にでも出来る落とし方とは!?


何とかしてお腹の皮下脂肪を落とした~い!と、ダイエットを始めようと思ってる女性の方も多いでしょうが、皮下脂肪って、脂肪の中で一番落ちにくいってこと、ご存知でしたか?

ダイエットを頑張っても、皮下脂肪は短期間ではなかなか落ちないので、1週間や10日で諦めてしまう方も多いと思います。

でも、もったいないですよねぇ、そんな早い時期に諦めてしまうなんて・・・。

落ちにくいと言っても、皮下脂肪も脂肪に変わりありません。正しい落とし方を根気よく行えば、皮下脂肪は落ちていくものです。

 

皮下脂肪が落ちにくいのはなぜ?

皮下脂肪が落ちにくいのには、ちゃんとした理由があります。それは皮下脂肪が脂肪の中でも「非常食」的な存在だからです。

お腹につく脂肪には、皮下脂肪と内臓脂肪がありますが、先に落ちていくのは生活習慣病に影響を及ぼす内臓脂肪です。そしてその脂肪が使い果たされた最後に皮下脂肪が使われて、落ちていくのです。

これは、皮下脂肪が、食べ過ぎ、つまりカロリーの摂り過ぎと運動不足によって増えていき、徐々に徐々に蓄積されていく性質だからです。

だからダイエットに励んでもなかなか皮下脂肪が減らないのは、その前に使うべき脂肪があるからなのです。

 

皮下脂肪を効果的に減らすには

40代50代の女性が、皮下脂肪を効果的に減らすにはどうしたら良いのでしょうか?

それは、やはり食生活の見直しと、ウォーキングなどの有酸素運動が最低限必要です。

ダイエットするそ!と決めたこの機会に、偏った食事や食べ過ぎ・飲み過ぎを見直して、バランスの良い食事を心掛けることと、ウォーキングなどの有酸素運動を始めてみてはどうでしょうか。

この年代になると体のあちこちに痛いところも出てくるので、1日1万歩をノルマにする必要はありませんが、1日30分以上のウォーキングはした方が良いようです。ただし、これは連続でなくても構わないそうですよ。

 

筋トレで筋肉量を増やす

ウォーキングなどの有酸素運動と同時に筋トレをして筋肉の量を増やすことも、皮下脂肪を落とすことに繋がります。

でもジムに行って本格的に鍛える必要はないですよ。スクワットやドローインなど、家でも簡単にできるものもありますから。

 

身体を温めて冷えを改善

女性には冷え性の方が多いですが、この冷えも脂肪を落とすには大敵になります。

お腹や内臓を温めると冷え予防になると同時に、基礎代謝量もアップするので、ダイエットに効果的です。

皮下脂肪を落としたいと願っている方は、是非お腹を温めることを忘れないでください。

お腹に貼るだけでポカポカになるヒートスリム

 

皮下脂肪を効率的に減らしたいならサプリの併用も

40代50代の女性には、バランスの良い食事と適度な有酸素運動にあわせて、サプリメントを併用するのもおススメです。

最近では、皮下脂肪を減らすのを助けるサプリメントも数多く販売されているので、サプリの効果効能、金銭的な事を考えて、併用されてはいかがでしょうか。

シボヘール
お腹の脂肪を減らすのを助けるシボヘールは、いま注目の「葛の花由来イソフラボン」を配合した機能性表示食品。1日たった約93円で始められます。
新規原稿追加の為
生漢煎 防風通聖散
海外セレブも大注目する漢方「生漢煎 防風通聖散」。18種類の生薬で皮下脂肪を減らします。


 

 

まとめ

皮下脂肪が減らないからと言って、1週間や10日でダイエットをやめてしまうのはもったいないことです。

皮下脂肪は一番落ちにくい脂肪と言う事を理解して、バランスの良い食事と適度な有酸素運動を継続して行いましょう。

お腹に貼るだけで痩せると評判のヒートスリム42℃は効果ある?


 

色んなダイエットに失敗した方や続かなかった方でも、お腹に貼るだけなので簡単!お腹に貼るだけで痩せる!と評判になっているのが、韓国生まれのダイエットパッチ「ヒートスリム42℃」。

美容大国と言われる韓国でも話題沸騰のヒートスリム42℃は、お腹にパッチを貼るだけで脂肪が燃えると3日坊主で面倒くさがり屋さんには、かなり評判が良いみたい。

3日坊主で面倒くさがり屋さんに評判のヒートスリム42℃はこちら

 

ダイエットって何故続かない!?

40代50代の方は、今まで色んなダイエットを経験してきたと思いますが、ほとんどが自分に合わなくて続かなかったり、成果が全然出なかったものばかりではないでしょうか。

ダイエットが続かない理由は、「我慢・ストレス・誘惑」です。

例えば食事制限。食事制限には、我慢やストレスがつきまといます。それに友達からの誘惑もあるでしょう。意志が弱いとなかなか続けられるものではありません。

運動にしたってそうです。仕事や家事に追われて時間がとれなかったり、元々運動嫌いだったから、運動がストレスになることもあると思います。

そんなこんなで、自分で何かと理由をつけてダイエットが続かなくなるのです。

 

ダイエットを成功させるポイント

ダイエットを成功させるためには、我慢しないで出来る、ストレスがかからない、誘惑にも負けないような方法を探せば良いのです。

それには、お腹など気になる部位に貼るだけで脂肪燃焼を体感できるヒートスリム42℃が一番合っているように思います。

 

ヒートスリム42℃はこんな人におススメ!

貼るだけで簡単なヒートスリム42℃は、こんな人におススメです。

・お腹周りの脂肪が気になる
・ダイエットが続かない
・運動する時間がない
・運動してもお腹の脂肪が取れない
・3日坊主
・面倒くさがり屋さん
・冷え性

 

ヒートスリム42℃の特徴

ヒートスリム42℃の最大の特徴は、何と言っても貼るだけなので簡単だから誰でも続けられるという事です。

朝出掛ける前にヒートスリム42℃を貼れば、通勤時の電車の中でも、仕事中のオフィスの中でも、ランチ中でも、いつでもお腹の脂肪を燃やし続けてくれます。

だから忙しくて運動する時間が取れない人でも、貼っている時はいつもダイエット状態で脂肪燃焼をサポートしてくれます。

1.体の内側から温める
ヒートスリム42℃はパッチ本体が温かくなるのではなく、カプサイシンなどの成分が伝わって体を中から温め、貼った部分をダイレクトに刺激します。

2.おへそ周りにあるたくさんのツボを刺激
おへそ周りには、水分(すいぶん)・天枢(てんすう)など美容や健康に良いと言われるツボがたくさんあります。ヒートスリム42℃をおへそ周りに貼ることでたくさんのツボを同時に効率よく刺激することができます。

3.気になる部分に好きなように!
ヒートスリム42℃は、何もお腹周りのためのものではありません。太ももやお尻、二の腕など気になる部分に貼っても大丈夫!もちろん、貼る部位に合わせて切って使っても問題ありません。

4.貼るだけでなく、はがすのも簡単!
簡単に貼れるヒートスリム42℃ですが、実ははがすのも簡単でサッとはがせます。はがした時に、のりや粘りが残りにくい素材を使用しています。

 

まとめ買いだととってもお得みたい!

ヒートスリム42℃は、単品購入だと1箱8枚入りが3,980円(税別)に送料800円が必要になります。

お安く購入するには、まとめ買い、特に3箱以上のまとめ買いがおススメです。その理由は、3箱以上の購入だと送料無料になるから。送料ってバカにならないですからネ!

↓ ヒートスリム42℃の詳細はこちら ↓
ヒートスリム42℃

お腹の皮下脂肪を減らしたい!優先すべきは腹筋より有酸素運動!


お腹についた皮下脂肪を減らしたい!
中年のみならず若い方でも男性女性関係なく、ダブついたお腹の持ち主なら誰もがそう思うのではないでしょうか?

お腹周りについた脂肪だからと、腹筋や筋トレをして皮下脂肪を減らそうとする方も多いと思いますが、皮下脂肪は毎日50回100回腹筋運動を頑張っても解消されるものではないですし、ましてや筋力の劣っている中年女性にとって腹筋運動自体苦手な方も多いはずです。

「太っている」「たるんでる」という風に見られてしまう皮下脂肪、体のラインにも悪影響がでる皮下脂肪、いい加減に何とかしたいものですよね。

 

皮下脂肪ってどんな脂肪?

そもそも皮下脂肪とはどんな脂肪なのでしょうか?

お腹周りにつく脂肪には、内臓脂肪と皮下脂肪の2種類あります。内臓脂肪はその名の通り、内臓の周りにつく脂肪で、簡単につきやすい反面、運動や食生活を見直すことで比較的落ちていきます。

それに対し皮下脂肪は、徐々に蓄積されてきた脂肪なので、内臓脂肪ほど簡単には落ちてくれません。相応な時間と根気が必要になる、ダイエットする人には厄介な脂肪です。

何故、皮下脂肪は落とすのに時間がかかるのか?それは、皮下脂肪が脂肪の中でも「非常食」的な存在だから。全ての脂肪が使い果たされた最後に皮下脂肪は使われるので、一番落ちにくいのです。

参照 ⇒ お腹周りの脂肪の落とし方 |40代50代でもできる簡単な方法とは?

 

皮下脂肪がつく理由、増える理由

あまりついて欲しくない皮下脂肪は、何でついて増えてしまうのか?
その理由は、食べ過ぎと運動不足です。

食べ過ぎと言われてもそんなに食べてないのに・・・、と思われる方もいるかもしれません。

ここでいう食べ過ぎとは、もちろん暴飲暴食も含まれますが、消費するカロリーよりも摂取カロリーが多い、つまり「消費カロリー < 摂取カロリー」という食生活のことを言っているのです。

消費カロリーの中でも6割~7割を占めると言われる基礎代謝量は、加齢とともに年々低下していってます。そうとは知らずに若い頃と同じ食事量をしていると、基礎代謝量が低下した分、カロリー過多になって消費出来なかったエネルギーが皮下脂肪に蓄積されていくのです。

基礎代謝を上げるには運動は欠かせないのですが、歳をとると億劫になってしまいがちに。そうなると運動不足に陥ってしまい、基礎代謝量を維持するどころが低下してしまうので、皮下脂肪は減ることはないのです。

 

皮下脂肪を減らす方法

皮下脂肪がつく原因、増える原因がわかったのですから、減らす方法も自ずとわかってくるはずです。

[有酸素運動]
今ついている皮下脂肪を減らすには、やはり脂肪を燃やす必要があるので有酸素運動が効果的です。中でも一番手軽にできるのがウォーキングです。

以前は20分以上継続して歩かないと効果が出ないとか言われてましたが、そんなことはありません。脂肪燃焼は運動を始めてから始まるので、20分以上継続しなくても少なからず脂肪は燃焼されていきますし、1日数回に分けて行っても効果は変わりません。

ただ、当然のことながら短いよりは長い時間の方が燃焼される脂肪の量が多くなるので、時間がある方は20分以上のウォーキングを日課にされると良いと思います。

しかし、今まで全然運動してなかった方が急に1時間や1万歩も歩いてしまうと膝などを痛めてしまう恐れもあるので、注意が必要です。

[筋トレ]
皮下脂肪に有効な筋トレは、腹筋、背筋、スクワットです。
ただ、お腹についた脂肪だからという理由で、腹筋運動を毎日している方もいらっしゃいますが、筋トレだけだと筋力をつけるだけなので、皮下脂肪を落とすまでには相当な時間がかかってしまいます。

脂肪を効率よく落とすには、筋トレよりも有酸素運動を優先すること。そして更に効率よく落とす方法が、有酸素運動に加えて筋トレをすることです。有酸素運動と筋トレを組み合わせることで脂肪燃焼効果はより高まるのです。

[食生活]
有酸素運動と筋トレを行って脂肪燃焼効果を高めても、食べる量が多ければ何にもなりません。

食事制限とまでは言いませんが、お腹いっぱい食べるのではなく、腹八分目に抑えるとか、夕食は軽めにするとかの努力は必要です。食べる量を減らすことで必要な栄養素がカットされるのが一番ダメなので、バランスよい食事をすることは常に心掛けなければなりません。

 

サプリや漢方薬を使う方法も

皮下脂肪を減らすには、有酸素運動と食事の見直しが有効なのですが、脂肪を減らすのを助けてくれるサプリや漢方薬を使ってみる方法もあります。

[サプリメント]
お腹の脂肪を減らすのを助ける、今話題の葛の花由来イソフラボンを配合したサプリメント「シボヘール」がおススメです。有酸素運動とバランスの良い食事にプラスして、お腹の脂肪対策をしてみてはいかがでしょうか。
お腹の脂肪を減らす!機能性表示食品「シボヘール」>>詳しくはこちら
 

[漢方薬]
本気で脂肪を減らしたい方におススメなのが、18種類の生薬を配合した漢方薬「生漢煎 防風通聖散」です。

↓ 生漢煎「防風通聖散」の詳細はこちら ↓