ダイエットすると便秘になる人は、食べる量を増やしなさい!


ダイエットをすると便秘気味になることってないですか?

ダイエットを始めて便秘になってしまう一番の原因は、食べる量が減っているからです。

痩せる為には食べる量を減らせば良いと単純に考えがちですが、その考えが便秘を引き起こしているのです。

ダイエットの大敵とも言われる便秘にならないためには、どうしたら良いのでしょうか?

 

便秘だとダイエット中でも体重が減らないことも・・・

便秘はダイエットの大敵です。ダイエット中の方はもちろん、これからダイエットを始めようと思っている方は、まず最初に便秘を改善することから始めた方が良いかもしれません。

便秘が解消できないままだと、思うように体重が減らなかったり、時には頑張っているのに体重が増えてしまった・・・、ということでダイエットが続かなくなることもあるからです。

なぜ、便秘だと思うように体重が減らない事もあるのでしょうか?

それは、便秘になると食べ物の消化や栄養の吸収が悪くなり、基礎代謝が低下してしまうからです。基礎代謝が下がるとエネルギーを消費する力も弱まり、消費できなかったものが皮下脂肪として蓄積されていくのです。

 

便秘の原因って?

便秘になる原因は人それぞれだと思いますが、主な原因は次のようなことが考えられます。

食物繊維不足
便の量が増えにくく腸のぜん動運動を促進できなくなる
水分不足
水分を奪われると便は硬くなり、排便しにくくなりなる
小食
便の元となる食べ物が少ないので便のカサが増えない
腸内環境が悪い
肉類の摂り過ぎが悪玉菌を増やし、腸内環境を悪化させる
便意を我慢する癖がある
我慢すると水分が奪われ便意もなくなる
ストレス
交感神経・副交感神経のバランスが乱れて腸の活動が低下

 

ダイエット中に便秘になるのはどうして?

普段はそうでもないのに、ダイエットを始めた途端に便秘になってしまった、という人は少なくありません。

その原因は、食事制限。それも極端な食事制限が便秘を引き起こすのです。

そもそも、便の元となるのは食べ物です。便の元となる食べ物が、極端な食事制限によって少なくなると便のカサは増えないので、便秘になってしまうのです。

 

じゃあどうすればいい?

ダイエットをするにあたって食事制限は必要なものですが、極端な食事制限は必要ありません。

どの世代でもそうですが、特に40代50代の中高年の方にとって大切なのは健康的なダイエットをすることです。

そのためには、1日3食きっちり食べることです。しかし、その中に決め事、ルールを決めなければなりません。

その決め事とは、お腹いっぱいになるまで食べない事。腹七~八分目で止めることです。

これに適度な運動を行うことで健康的に痩せていくことが出来ますし、ダイエット中に便秘になることもなくなってくるはずです。

 

まとめ

ダイエットのために良かれと思ってやる食事制限も、食べる量が少なすぎると便秘になってしまう可能性があります。

ダイエット中に便秘にならないためには、バランスの良い食事を1日3食を腹七~八分目にすることと適度な運動をすることが大切です。

夏は便秘になりやすい!?水分不足が原因の夏便秘の対策・解消法は?


夏になるといつも便秘になってしまうと悩んでいませんか?

一年を通じて最も便秘で悩む方が多い季節は冬ですが、実は夏に便秘になる人、悩む人って結構多いそうです。

その最大の原因は水分不足。あまり汗をかきたくないからと言って水分を摂らないでいると、熱中症はおろか、夏の便秘にも悩まされるかもしれませんよ!

>鈴木亜美がオススメするダイエットティー【するっ茶】

 

1.夏に便秘になる原因は?

夏に便秘になってしまう原因は大きく分けると3つあります。

1-1.水分不足
夏に便秘になる最大の原因は水分不足です。

気温が高くなる夏、蒸し暑い熱帯夜は、少し動いただけでも汗が噴き出してきますし、寝ている間も大量の汗をかいてしまいます。

汗をかくことで大量の水分が奪われるので、体の中はどうしても水分不足になってしまい、便も固くなってしまいます。

1-2.夏バテによる食欲不振
何日も真夏日や熱帯夜が続くと、夏バテになる人も多いと思いますが、夏バテになるとなくなるのが食欲です。

食欲不振に陥ると、食べる量が減ってしまい、当然のことながら便のカサは増えません。便のカサが増えないところに水分不足が重なると、コロコロとした便になってしまいます。

1-3.クーラーによる冷え

暑い夏は、クーラーの効いた部屋で過ごすのが一番ですが、このクーラーによって体が冷えてしまうのも便秘になる原因の一つと言えます。

身体が冷えると血流が悪くなり、血流が悪くなると腸が活発に動かなくなるので、便を押し出すことができなくなるのです。

キンキンに冷えた飲み物やアイス、かき氷なども身体を冷やす原因になりますので、食べ過ぎ飲み過ぎには注意が必要です。

 

2.夏の便秘対策は何をすればいい?

2-1.水分補給は喉が渇く前にこまめに!


汗をかいた分、水分補給をすれば良いわけですが、喉が渇いたと感じた時には、すでに水分不足の状態です。水分補給で大事なことは、喉が渇く前にこまめに水分を摂ることです。

中には、水分を摂ると、飲んだ分だけまた汗をかいてしまうから、なるべく水分補給はしないと言う人も見受けられますが、それは絶対してはいけません。

特に夏場は、便秘対策だけでなく熱中症にも注意しなければなりません。日頃水分をあまり摂らない人は、意識的に水分を摂るようにしてください。

[水分を補給する際に注意すること]
・喉が渇く前に水分を摂る
・こまめに水分を摂る
・冷たすぎるのは飲み物は避ける
・水分補給は常温の水で!
・大量の汗をかいた時はスポーツドリンクで

2-2.バランスの良い食事
夏バテで食欲不振になると、どうしても食べるものは偏りがちになります。夏場は素麺や冷やし中華など喉越しの良い食べ物でササッと済ませがちですが、トマトやきゅうりをトッピングするなど一工夫すると、バランスの良い食事になります。

[夏バテ防止に効くと言われる食べ物]
・ビタミンCを含む食べ物
トマト、ゴーヤ、アスパラガス、かぼちゃなどの夏野菜
・香辛料
唐辛子、にんにく、カレーライスなど

2-3.冷え対策
一番クーラーの影響を受けるのは、オフィスです。自宅にいる時は、設定温度を変えたり切ることはできますが、会社だとそうはいきません。クーラーが一日中効いた社内にいると、それこそ身体は冷え冷えになってしまいます。

薄手のカーディガンやブランケット、お腹を冷やさないための腹巻きなどを上手に活用して、会社での冷え対策をしっかりする必要があります。

また、夏のお風呂はシャワーで済ます方が多いですが、それでは昼間クーラーで冷えきった身体を温めることはできません。お湯に浸かることで、疲労回復や冷え解消にも繋がります。

>オフィスの冷房対策に!貼るだけでお腹がぽかぽかするヒートスリム

 

3.夏の便秘解消法はどうすればいい?

水分不足で便が固くなってしまうと、スムーズに排出されません。そこを何とか出そうと息むとお尻が鬱血して痔になってしまう可能性もあるので注意が必要です。

便秘対策をしてても便秘になってしまった時は、無理に息んで出そうとするのではなく、サプリメントの力を借りるのも一つの手段です。

また便秘解消効果のあるお茶やコーヒーを試してみてもかまいません。とにかく自分に合った方法で便秘を解消するのが良いのですが、下剤だけは避けた方が良いようです。

>鈴木亜美がオススメするダイエットティー【するっ茶】

4.まとめ

暑い夏は、気付かないうちに大量の汗をかいているものです。便秘には水分補給が一番大切なので、早め早めの水分補給をこまめに行う事を心掛けるようにしてください!