旅行に行くと何故か便秘に!ならない方法と対策はある?


心身ともにリフレッシュするはずの旅行で、何故かいつも便秘になってしまう。こんな悩みないですか?

1泊2日の旅行ならそんなに気にならない便秘も、2泊3日、3泊4日と日程が長くなると気が滅入ってしまい、便秘のせいで旅行自体を楽しめなくなる、な~んてこともあるので、前もって対策を考える必要があります。

 

旅行先で便秘になりやすいのは何故?

実は、旅行先で便秘になる人って結構多いのです。それも普段はあまり便秘じゃない人がなってしまうので、快便だからと言って安心していると、痛い目にあってしまいます。

じゃあ、何故旅行先では便秘になりやすいのでしょうか?

それは、普段の暮らし方と旅行先での暮らし方に大きな変化があるからです。では、どんな変化があるのか見ていきましょう。

1.食事・食欲の変化
旅行の楽しみと言えば、温泉や観光もありますが、やはり食事が楽しみっていう方がとっても多いです。普段は小食の方でも旅行に行くと大食いに変身する方もいるぐらいですから、旅先での食事は食欲を旺盛にする何かがあるのでしょう。

旅先ではいつもより食べ過ぎてしまう、それも高カロリーなものを食べ過ぎてしまうので、家にいる時と同じような消化が出来なくなって便秘を引き起こしてしまいます。

2.水分不足
団体旅行やバス旅行だと、スケジュールは忙しいほどに詰まってたりするもんです。いくつもの観光地を観光し、その都度お土産屋さんに入り、食事の時間は1時間半、等々。次の目的地までトイレがないなんてこともあるので、トイレが近い人だと水分を控える傾向にあります。

しかし、旅行はいつも以上に活動量は多くなっているので、水分が不足している状態です。水分補給を怠ると便が固くなり便秘になってしまいます。

3.環境の変化で排便を我慢する
家族旅行では便秘にならないのに、彼氏彼女や友達との旅行、社員旅行などのグループ旅行・団体旅行では便秘になってしまう方もいるかと思います。

その理由は、「音を聞かれるのが恥ずかしい」「ニオイが気になる」ということで排便を我慢することで便秘に繋がってしまうのです。

旅行先のトイレと家のトイレとではやはり環境が違います。この環境の変化も便秘には要注意です。

 

旅行先で便秘にならないようにするには?

旅行先で便秘にならないようにするには、どうすれば良いのでしょか?一つ一つ解決していきましょう。

1.食事はバランスよく3食ちゃんと食べる
旅行先での食事で気をつけないといけないのは、バランスです。バイキング形式の食事だと自分の好きなものを食べる傾向にあり、どうしてもバランスが崩れがちです。

好きなものを食べる前に、食物繊維が豊富な野菜やサラダから食べるとバランスのとれた食事になります。

[食事をする際のポイント]
・まずは野菜やサラダから食べ始める
・自分の好きなばかり、それも大量に食べない
・バランスよく食べる
・よく噛んで食べる
・朝食は抜かない
・食べ歩きはほどほどに
・夕食は早い時間にお願いする

2.水分補給をこまめにする
トイレが近い、トイレの場所がわからない、団体旅行なので人に迷惑をかけたくない。理由はいろいろあるでしょうが、旅行先では水分をあまりとらないようにしている方もいます。

しかし、そんなことをしていると便秘になってもおかしくはありません。水分をとることによって便も固くならないようになるので、こまめに水分をとる必要があります。

旅行先では、あらかじめトイレの確認をしておくとよいかもしれません。また団体旅行では、観光の時間を目一杯使うのではなく、トイレに行く時間を見積もって行動すると他の人には迷惑をかけずに済みますよ。

3.排便を我慢しない
「音を聞かれるのが恥ずかしい」「ニオイが気になる」などの理由で、旅行先では便意を催しても我慢する傾向があります。でも便意を我慢すると便秘になる原因にもなってしまいます。

部屋のトイレで済ますのが恥ずかしいと言う方は、部屋以外のトイレで済ますのも一つの手段です。