旅行に行くと便秘になるのはなぜ?何が原因で対策はある?


 

旅行に行くと必ずと言っていいほど便秘になってしまう、そんな経験ありませんか?

普段から便秘気味な方だけでなく、いつもはお通じの調子が良い方でも、何故か旅行先では便秘になってしまう方って少なくありません。

せっかくの楽しい旅行も、便秘でせいで台無しにならないように、しっかりと対策をしておく必要があります。

 

旅行先で便秘になってしまう原因は?

普段はあまり便秘に悩まないのに、旅行先では必ずと言っていいほど便秘になってしまうのは何故なのでしょう?

その原因は、3つほどあります。

1.食生活の変化
旅の楽しみと言えば、観光や温泉もありますが、やっぱり一番は食事です。旅行中は日頃のストレスや家事からも解放され、心身ともにリラックスしている状態。だから当然食欲も湧いてきます。

そこへ、家では食べないようなものばかりが並ぶのですから、普段より食べ過ぎてしまうのも無理はありません。

しかし、それが便秘をもたらす原因にもなってしまうのです。普段食べないものや、食べ過ぎによる摂取カロリーの増加など、普段とは異なる食事に体が驚き、いつもと同じ消化活動が出来なって便秘を引き起こしてしまいます。

2.水分不足
旅行中は、観光地やお土産屋さんを巡ったりするので普段よりも活動量が多くなります。それに加え温泉に浸かって汗をかくので、いつも以上に水分が不足している状態になってしまいます。

こまめに水分補給をしたら良いのですが、移動中にトイレに行くのを避ける為か、水分を控えてしまうので、便が固くなり便秘になることがあります。

3.排便を我慢してしまう
家族旅行では便秘にならないのに、友達との旅行や社員旅行などの団体旅行になると便秘になってしまうという方もいるのではないですか?

家族なら平気でも、友達や同僚、彼氏に「音を聞かれるのが恥ずかしい」「ニオイが気になる」と言った理由で、つい我慢してしまうのが便秘に繋がってしまうのです。

 

旅行先で便秘にならないようにするには?

じゃあ、旅行先で便秘にならないようにするには、どうすれば良いのでしょうか?

1.水分補給を心掛ける
旅行先では水分をあまり摂らない傾向にあるので、意識して水分補給を心掛けることが大切です。こまめに水分を摂ることで便も固くならず、排便しやすくなります。

2.食事はバランスよく
バイキング形式の食事では、普段食べないようなものや好きなものばかり摂りがちで栄養が偏ってしまいます。それも最初から肉や唐揚げなど脂っこいものから食べる傾向にあります。

でもそこはちょっと我慢して、最初は食物繊維が豊富な野菜やサラダから食べ始めることがおススメです。

食物繊維を最初に摂ることによって、血糖値の上昇を抑えられるし、よく噛んで食べるので満腹感も得られます。

3.排便を我慢しない
旅行先では便意を催しても我慢する傾向がありますが、これが便秘になる原因になってしまいます。部屋のトイレでするのは、ニオイが気になって恥ずかしいと言う方は、部屋以外のトイレで済ますのも一つの手段です。

 

どうしても不安な時は

旅行に行くといつも便秘になるという方は、また便秘になったらどうしようと不安になってしまいますよね。

そういう方は、便秘に効果があると言われるサプリメントやお茶を利用してみてはいかがでしょうか。