ダイエットすると便秘になる人は、食べる量を増やしなさい!


ダイエットをすると便秘気味になることってないですか?

ダイエットを始めて便秘になってしまう一番の原因は、食べる量が減っているからです。

痩せる為には食べる量を減らせば良いと単純に考えがちですが、その考えが便秘を引き起こしているのです。

ダイエットの大敵とも言われる便秘にならないためには、どうしたら良いのでしょうか?

 

便秘だとダイエット中でも体重が減らないことも・・・

便秘はダイエットの大敵です。ダイエット中の方はもちろん、これからダイエットを始めようと思っている方は、まず最初に便秘を改善することから始めた方が良いかもしれません。

便秘が解消できないままだと、思うように体重が減らなかったり、時には頑張っているのに体重が増えてしまった・・・、ということでダイエットが続かなくなることもあるからです。

なぜ、便秘だと思うように体重が減らない事もあるのでしょうか?

それは、便秘になると食べ物の消化や栄養の吸収が悪くなり、基礎代謝が低下してしまうからです。基礎代謝が下がるとエネルギーを消費する力も弱まり、消費できなかったものが皮下脂肪として蓄積されていくのです。

 

便秘の原因って?

便秘になる原因は人それぞれだと思いますが、主な原因は次のようなことが考えられます。

食物繊維不足
便の量が増えにくく腸のぜん動運動を促進できなくなる
水分不足
水分を奪われると便は硬くなり、排便しにくくなりなる
小食
便の元となる食べ物が少ないので便のカサが増えない
腸内環境が悪い
肉類の摂り過ぎが悪玉菌を増やし、腸内環境を悪化させる
便意を我慢する癖がある
我慢すると水分が奪われ便意もなくなる
ストレス
交感神経・副交感神経のバランスが乱れて腸の活動が低下

 

ダイエット中に便秘になるのはどうして?

普段はそうでもないのに、ダイエットを始めた途端に便秘になってしまった、という人は少なくありません。

その原因は、食事制限。それも極端な食事制限が便秘を引き起こすのです。

そもそも、便の元となるのは食べ物です。便の元となる食べ物が、極端な食事制限によって少なくなると便のカサは増えないので、便秘になってしまうのです。

 

じゃあどうすればいい?

ダイエットをするにあたって食事制限は必要なものですが、極端な食事制限は必要ありません。

どの世代でもそうですが、特に40代50代の中高年の方にとって大切なのは健康的なダイエットをすることです。

そのためには、1日3食きっちり食べることです。しかし、その中に決め事、ルールを決めなければなりません。

その決め事とは、お腹いっぱいになるまで食べない事。腹七~八分目で止めることです。

これに適度な運動を行うことで健康的に痩せていくことが出来ますし、ダイエット中に便秘になることもなくなってくるはずです。

 

まとめ

ダイエットのために良かれと思ってやる食事制限も、食べる量が少なすぎると便秘になってしまう可能性があります。

ダイエット中に便秘にならないためには、バランスの良い食事を1日3食を腹七~八分目にすることと適度な運動をすることが大切です。